FC2ブログ

感想とまさかの助っ人。

葱野「何あのスタジアム!凄い津波ウォールが連続で発動してるって感じが…!」

成神「というかあの人が監督やっていてもトライアングルZ健在っスか、それが更にパワーアップしたみたいだけど。」

明井戸「それも受け継がれてんのか、つか染岡…すっかりとファッションがイタリアンになっちまったな。髪も伸びて。10年前よりむしろ若々しく見えるぞ。

成神「あのにぎり飯美味いなら俺も食いたいっス。」

メアリー「何か両方のGKだらしないですねー。片方は新技とうとう破られて、もう片方は化身出したのに一撃で破られて…守備重視のチームに言わせればレベルが低い!」

成神「化身出せてもそれがたいしたことないパターンが生まれたっスね。」

アツヤ「…つか武蔵、あいつまで化身使いだすなんて一体この先何人が化身出せるようになるのか…10年後の世界じゃあれが普通になっちまったか?」

明井戸「で、同点に追いつかれたけどアフロディの奴何か企んでそうに見えたな…策士であるこの俺の目は誤摩化せねぇぞ。

成神「誰の目から見ても分かると思うっス。

時任「さあさあ、此処で終わりにして…次に円堂達が来るかもしれない場所へと向かわないと!」

成神「あ、ちょっとストップ。……いい加減出て来たらどう?立向居。」

立向居「!」

葱野「ああ!立向居……何で此処に!?」

明井戸「地元が危ないっていう俺達の話を聞いてついて来たんだろ、…心配なら心配って言えよ。」

立向居「………気になるけど…俺はもうサッカーには関われません…デーモンフォースであんな……。」

メアリー「そんな事もう誰も気にしてないでしょ!アンタがただ重く考え過ぎてるだけよ!」

アツヤ「そうそう、もう元通りに皆なってるしよ。」

時任「…立向居…キミの本音はそれ?違うでしょ。本当は何がしたいのか…心の奥底にあるものをそろそろ吐き出した方が良い。」

立向居「っ…………俺は………。」

葱野「遠慮はいらないよ…しっかりと聞くから。」

立向居「俺は………俺は…………円堂さんを救いたい!!それでまたサッカーがやりたい!!

時任「…うん、しっかりと聞いたよ。心の奥底の本音を。」

明井戸「そんなら来い。今は仲間が多く必要な時だし。」

立向居「…許されるなら………行きます。」

メアリー「ほら、まだ重く考える!真面目なんだから……いいから行くわよ!」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR