FC2ブログ

明かされるレーヴァテインの全貌<天音>

虎丸「さて…最初の方木戸川のチームワークがどうなるかと思いましたけど…最後になんとかなりましたね」

フィディオ「やはり協力し合えてのサッカーってことだよ。」

虎丸「えぇ…にしても大人の染岡さんと錦さんってああして出会ったんですね。」

フィディオ「そして信助が新しいGKの候補か…これからどうなるか楽しみだね。」

虎丸「…まぁ…こんなとこ…でしょうか?」


 (グラウンドにて)

明井戸「…しかし…予告から割と経つが…奴ら一体いつ来るのか… !!」(突然飛んできたボールを蹴り返す)

円堂「何時来るかという言葉を言える位の余裕があるんですね…」(円堂を筆頭に11人が目の前に)

★不破「!?…遂に来たか…!」

明井戸「…来るのが遅すぎだぞ…さっさと試合だ…」

吹雪「ふ~ん…明井戸先輩って意外にせっかちですね…」

不動「でもその前にレーヴァテインの残りを見てからも遅くないと思うけど…なぁ?」

円堂「…そうだな…皆…もう良いぞ…顔を見せてやれ…」(指をパチンと鳴らすとフードを被ってる人物達が一斉にフードを取る)

一同「!!?」

 (フードを取るとそこにはバダップ、成神、栗松、ディンゴ、グラン、ディアム、さやかが)

イカロス「…な……成神……?」

明井戸「…やっぱり居なくなった奴らは…レーヴァテインに…

円堂「…えぇ…いずれも俺が選び抜いた強く…俺に賛同してくれるメンバーさ。」

栗松「悪いでヤンスが…皆さんには此処で潰させてもらうでヤンス。」

成神「そう言う訳ですよ…先輩…。」

イカロス「…成神…本気で言ってると思ってるのか!?それに…何でさやかさんまで!?」

さやか「…言ったでしょう…彼が選んだ強くて…彼の意見に賛同してくれる人たちが集まったのがレーヴァテインだって…?」

★不破「…でも…あの人…そんなに強い奴って感じしないような…」

組織「いや…あの人を甘く見るな…あれでもかなり強いぞ。体力不足になりがちだったけど。」

グラン「さぁて…マモルに…フィフスセクターに逆らう反乱分子たちよ…」

ディアム「今ここで我等の粛清を受けて貰う!」

ディンゴ「…最もあいつのとこには行かせはしないがな…」

バダップ「………任務を果たすまでだ…」

円堂「…さて…試合の準備をするとしよう」

ピーチッチ「うん♪」


明井戸「…遂に来たか……これ以上…あいつらを苦しめさせるか!」

ビヨン「…勝つぞ…勝って…円堂達を助けるぞ!!」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

明井戸「くそぉ!あのザコの相手で時間食っちまった!あいつら現れやがったか…!」

成神「向こうの俺…やっぱ向こう側に居たんだ。」

葱野「僕達も助っ人したい…!」

時任「けど、この場じゃどうしようもない……!」

アツヤ「…じゃあせめて、実況するか。何時もあっちにやってもらってるから今回はこっちがやるとか!」

明井戸「…この場じゃそれぐらいしか出来そうにねぇな。」

時任「いよいよ始まる…スカイアリアVSレーヴァテイン!」

遂に始まる…!

多摩野「染岡先輩格好良かったです!今もこうして皆の面倒見てますし、やっぱり頼りになります!」

染岡「それを10年前の俺に言われてもな。ありがとよ、何か照れるぜ…」

リカ「格好はイタリアンマフィアそのものやけどな」

染岡「お前はいちいち因縁つけるなよ!…まあ、それは置いていてだ、やっぱお前ら似てるよな」

多摩野「?」

壁山「たまごろうと信助っスか?確かにDFでGKをやれるし、小柄だし、マスコット的存在だし、喋り方も似てるっス」

多摩野「そうかな…?でも、信助君には頑張ってほしいな」

鬼道「お前達話はそこまでだ。あちらではもう試合が始まるようだ」

塔子「あたし達は見てることしかできないのか…頑張れ皆…!」

イーグルさんへ

組織「また向こうに刺客が現れたようだな…」

ビヨン「まぁ…圧勝だったようだけどな。」

明井戸「それより…応援が来てくれたんだ…尚更負けるわけには行かないぞ。」

組織「…こんな形で円堂と戦うとはな…だが…この試合…俺達が勝つ!」

花澄さんへ

疾風「イタリアン…マフィアって…マフィンに似た物?」

シャイン「う~ん…違うと思うよ。」

疾風「応援ありがとうございます!かんばるよ!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR