FC2ブログ

ファイナルゲーム チョウテイコクVSカテナチオ 負けず嫌い2人の最後の激突。

遊也「…おや、今回特に感想はないのかな?」

明井戸「ただの過去の回に感想は特にねぇ。西園が意外に食う以外は。

成神「おにぎり食って化身出せるなら俺も可能でしょ。何個でも行けるんで。

時任「キミには何個作らなきゃいけないのかなマネージャー達。

葱野「じゃ…試合に行きましょう!最大のシュートを止めて今ノってますからね!」

「立向居、最強のシュートを止めた!チョウテイコクに此処から流れが来るか!?」

立向居「それ!(勢いよくボールをキック)」

「立向居からのボール、一気に成神へと渡った!」

ローラン「ふん…お前に僕は抜けない。貰った!」

成神「負けてらんないよね、同じ1年には!」

ローラン「な!?」(いきなりのトップギアのスピードで不意をつかれて抜かれる)

「これは成神、なんという早さのスピードドリブル!いつものテクニックで行かない!」

ヒロト「…来たか、そうこなくちゃね!」

成神「…決めるっスよ、アツヤ先輩!」(アツヤへとパス、しかし今度は短過ぎる)

「これは…今度はミスか!?」

マルコ「…!違う、これは…!」(バウンドした途端に今度は急激にスピードが増し、そしてアツヤの元へと)

「今度はトップスピンパスー!成神、二種類のスピンパスを兼ね備えていた!!」

アツヤ「へへ、今度こそ…ノーザンインパクトV3!!

11-01-02_007.jpg

11-03-10_025.jpg

メアリー「真爆熱スクリュー!!

11-11-07_001.jpg

11-11-07_003.jpg

「これは氷と炎を共演ー!アツヤのノーザンインパクトからメアリーの爆熱スクリュー!!」

ラッジ「ゴッドキャッチG5!!…ぐ……う………。」

時任「!!やばい、押されてる!ラッジ!」

ラッジ「ぐおおおああーー!!」(マジンを破られ、手を弾き飛ばされ吹き飛ばされる)

アツヤ「よーし!」

メアリー「やった、ゴール……!」

マルコ「真グランドクェイク!!!

11-05-10_017.jpg

11-05-10_018.jpg

「ああー!止めたー!ゴール直前でマルコがグランドクェイクでブロックー!!これは流石本場カテナチオ、イタリア、オルフェウスDFの意地だ!」

霧隠「っ…!あれで決まらないのか!」

時任「よし…もう時間はない!マルコ!こっち!!」

マルコ「!おう!」(時任へとロングパス)

霧隠「そうはさせるか!止めてカウンターで俺達が勝つ!」

時任「……キミ達の勝ちたい気持ちは伝わる、でも…僕はもっと勝ちたいんだよ!はああああーーーーーー!!!」(時任の後ろからとてつもないオーラが生み出され)

葱野「!?な、何あれ!?」

シャイン「何だ、あの感じは…まさか……!?」


時任「聖騎士アーサー!!(後ろに鎧を纏い、右手に剣。左手に盾を構える若き剣士が召還される)

葱野「け、けけけけけ化身ーーーー!?

「な、ななななんと時任この時代で化身を繰り出したー!?これは驚きです!!」

ヒロト「これは多分…彼の絶対負けたくない負けたくないっていう想いが現れたのかな、ていうかそうじゃないと説明がつかないよ…!」

立向居「っ……!」(身構える立向居)



明井戸「………お前、凄ぇや。そこまでの執念を持ってるなんてよ。でも………俺だって誰にも負けたくねぇんだよ!!うおおおおーーーーーーー!!!!」(明井戸の後ろからもとてつもないオーラが生み出され)

成神「明井戸先輩!?まさか…まさか……。」

八神「お前まで……!?」

明井戸「魔界王ハデス!!(背後にマントを纏って仮面を付けた禍々しきオーラの男らしき者を召還)

「あ、明井戸まで化身だーー!!これは両チーム最大のライバルによる化身対決ー!!」

ヒロト「彼までこれ…ええと、もう負けたくない想いが半端無いって事だね!うん!」

時任「これで…終わりだぁ!!シャインソード!!(オーディンソードが更に光り輝き鋭くなったようなシュートを放ち)

明井戸「てめーに勝ちは譲らねぇ!!ダークシールド!!(右手から巨大な黒い玉を念じて出して地面に思いっきり叩き付けて闇のシールドを辺りに張る)

「これは究極の光VS闇の激突ー!!一体どうなるんだこれは!?」

葱野「時任先輩……!」

成神「明井戸先輩……。」

時任、明井戸「勝つのは俺(僕)だ!!!!」

(そしてぶつかる超技同士の化身で爆発)



「ど、どうなったのか……?」


(時任と明井戸、共に立っている状態でボールは2人の間で止まっていた)

ピィっピッピィー。

「あ、し…試合終了!!時任と明井戸、両者譲らず引き分けー!!なんというか口では言えないとんでもない試合tなりましたファイナルゲーム!!」


時任「……きみ、とてつもない負けず嫌いだよね明井戸…。」

明井戸「……人の事言えんのかよ時任。」


時任、明井戸「…………フ……。(両者微かに笑みを浮かべた後バタッと同時に2人とも倒れ)」

舞「あ、信君!」

八神「達人!」


葱野「……僕達、凄い先輩持ったよね。」

成神「2人の執念…俺達はそれを受け継がなきゃいけないんだよね。」

アツヤ「…そ、これからはお前らの時代だ。って言っても俺もまだ1年あるけどな?」

メアリー「成神達に受け継がれ、そして…10年後へと受け継がれる……。」

成神「…繋ぎますか、未来の後輩達へと。」
スポンサーサイト



非公開コメント

最後の実況

フィディオ「まぁ…確かに彼も意外に食べるんだね…っとまぁ…総集編って訳で特に必要なこと無いし…最後の実況をするとしよう!」

虎丸「待ってくださーーーい!!」

ビヨン「虎丸!?もう準備良いのか!?」

虎丸「何とか…準備OKです!…ってなわけで実況行きましょう!」

フィディオ「あぁ!向こうの成神は2種類のスピンパスを使い来なしてるみたいだね。そしてノーザンインパクトに爆熱スクリューのチェインを加えラッジの必殺技を破ってゴール…かと思いきやマルコがブロック!」

虎丸「そして…な…何と!!時任先輩が化身出しましたよ!!化身!!滅茶苦茶迫力あったかと思いきや…更に明井戸先輩も化身を出しましたよ!!本当現代で化身が見れる何て思って無かったですよ!」

フィディオ「激しいぶつかり合いの末…試合は引き分けに引き分けに終わったけど…とても素晴らしいファイナルゲームになったな」

円堂「…そうだな…あの熱い闘志が次の世代に脈々と受け継がれていくんだな」

虎丸「キャプテン!もう良いんですか?」

円堂「あぁ!それじゃあ…行こうか!」

吹雪「きっと向こうも待ってる頃だろうし…」

不動「…少し遅いけど…祝賀会だ!」

円堂「さぁ!皆…行くぞー!!」

No title

時任「皆、この試合も実況ありがとう!」

葱野「あの、何でですか!?何で化身が!?」

明井戸「…よく分からねぇ。それからはもう出せないし。」

成神「何だ、マグレだったんスか。それにしては凄まじかったけど。」

明井戸「それより、次の世代ねぇ…。」

時任「とうとう…彼らの出番だね。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR