FC2ブログ

オーガ撃破!

明井戸「いやー……全然オーガたいした事なかったな。

成神「俺達出てなかったじゃないスか、そして明井戸先輩はバダップに結構ビビってたでしょ。あまりに高過ぎるレベルと能力に

亀石「あはは~、「あんなの勝てる訳ない…やだ、出たくない…!俺ベンチに居る!」とか言ってたね~。」

明井戸「言ってない、言ってない。あんな奴に怖がってなんかいねぇし。」

成神「…ま、レベルが並んだら怖いと感じる事は無くなりそうっスけどね。」

時任「結局イナズマジャパンの皆に頼りきりだったなぁ、やっぱり皆強かった。」

明井戸「ひたすら豪炎寺の爆熱ストームやスクリューで得点しまくってたよなぁ、でもその中で……。」

葱野「やった!勝った!僕のダークトルネードでオーガから2点取れた!

明井戸「2点で浮かれ過ぎだろ、豪炎寺はその倍は得点してたっての。」

時任「やっぱ嬉しいんじゃないかな?自分のシュートで強い相手から得点出来たっていうのは。」

葱野「へへ、僕のテクニックは誰にも真似出来ないぜー♪」

明井戸「あ!それ俺の台詞だろ!パクんな!」

成神「物凄く浮かれてるなあいつ……。あ、向こうはもうすぐブラジル戦っスか。」

明井戸「天空も魔界も倒したんだ、今更地上の相手に恐れる必要ねーだろ。コトアール以外は。

時任「コトアールは恐れるんだ!?…まあ、あの円堂のおじいさん率いる最強チームだからね…恐れるなっていう方が無理か。」

葱野「もうロココだって怖くないですよー!僕の必殺シュートで完璧にゴールを奪いますから!」

時任「分かったから…ていうかキミはあっち出られないからね!?

亀石「あはは~、葱野は終始浮かれてるね~。あのゴールが凄く嬉しかったみたい~。」
スポンサーサイト



非公開コメント

そういえば…

吹雪「こっちはまだジ・オーガ持ってなかったね…」

不動「あぁ…そういや…都合でクリスマスに買って貰うとか…」

ヒロト「監督も買ってもらうとかまだ子供だね~」

不動「あっ…今日の放送で疲れて寝た円堂に代わって来たヒロト。」

ヒロト「何か長いね…名前だけでいいじゃん。」

吹雪「あぁ…今日頑張ったからね…でも思ったけどさ…」

ヒロト「?…どうしたのかな?」

吹雪「あれ…いくら証拠掴むためとは言え…犯罪だよね…多分…?」

不動「………(ちょっと黙りこむ)」

ヒロト「いや~…そうかもね…(苦笑)」

吹雪「それで…どうだった?」

ヒロト「かなり大変だった…何か…こうもあっさりとは…ゲームだと手に入れた後で奪われるはずなのに…」

不動「…にしてもお前(ヒロト)がパソコン詳しいとはな…」

ヒロト「円堂君の為にあぁゆうの出来るようにしなきゃね☆」

吹雪「最後の星が無ければカッコいいと思ったけどね~。」

不動「ホントな…ってか向こうの本題に戻そう…」

ヒロト「あぁ…そうだね…明井戸先輩凄い怖かったんだね…オーガ」

吹雪「そして葱野君は嬉しそうだったね。」

不動「ジ・オーガ出たらどうする?ルナティックが引き継ぐか別の奴に任せるか…色々方法はあるけど…」

ヒロト「やっぱり是非円堂君に決めて貰おう!彼の言葉はある意味絶対的だからね!!(何か鼻血が出てる)」

吹雪「ヒロトく~ん!落ち着いて~。何かキャプテンの事に対して興奮するとこうなるんだよね~…うちのヒロト君…」

不動「これが無ければまともなんだけどな…ってなわけで帰るか」

ヒロト「(鼻血拭きながら)…そうするか…」

吹雪「では今回はここまで!またね!」

ロココ「へぇ、ボクの守るゴールをそう簡単に割れるなんて思わないで欲しいけどね」
木野「ふふっ、ロココ君も強いもんね。円堂君にそっくり」
ロココ「う、うん…ありがとうアキ…」
木野「………?」

アレク「結局、監督はまだ購入に至っていないらしいな」
本郷「ええ、特に急ぐ必要がないからって」
りさ「まー、そのうち買うんじゃない?」

みあい「あたし達はまだ少し安泰~?それはなにより~」

真人「…オーガでロココはFWとキーパー両立させるからキャッチ力は今より少し下がるらしいがな」
ロココ「あ、そうなんだ。良いなぁ、こっちのボクもたまにはシュートしたいよ」

天音さんへ。

時任「ああ、円堂は忍び込んでてそれで疲れて眠ったんだ…。」

明井戸「ヒロトも一緒だったけどあいつは疲れてねぇのか…というかあの眼鏡小僧のようにパソコン詳しかったのかよ。」

成神「流石元ハイソルジャーのトップ、と言うべきっスか?」

亀石「あはは~、ヒロトのその熱い想いが円堂に届くといいね~。」

時任「うーん…油断しないようにね。そして…ガルシルドなんかに負けちゃ駄目だ。」

成神「アツヤ先輩も、「あいつがシロウ達に何かしたら俺があのヒゲ野郎を本気でブチ殺してやる!!」…とか心配してるみたいっス。」

明井戸「…頭に血が上りやすい奴だな、わざわざその手を汚す事もねぇだろ…気持ちは大いに理解出来るけど。」

成神「そして明井戸先輩、オーガ怖くないみたいな事言ってたけど思いっきり向こうの人達にバレてるっスよ。凄く怖かったっていうのが。」

明井戸「あ、………あんな奴らMAXレベルにしたチョウテイコクの最強軍団で完全に叩き潰してやるよ!近いうちにその試合を公開するぞ!?」

亀石「あはは~、言ったからには今度は円堂や豪炎寺達の力は借りれないよ~?」

成神「特に明井戸先輩、豪炎寺先輩の得点力を頼りにしてたっスから…相当痛いんじゃないスかそれは?」

明井戸「……う、うっせぇよ!円堂や豪炎寺が超強い事は誰だって分かってる事だろ!?あいつら無しでも勝てる事を照明してやろうじゃんか!」

成神「…先輩、勢い良く指したその指がブルブル震えてるように見えるのは気のせいっスか?」

葱野「大丈夫ですよ!僕がいますから、何点でも取りますよ?あ、どうせなら円堂先輩のオメガ・ザ・ハンドにも挑戦してみたいな…。」

時任「また勝手に…オーガのGKから2得点が自信になってるね。」

みなつきさんへ。

時任「挑戦状叩き付けたって思われてるよ葱野!?ロココも怖くないって言っちゃったから…!」

葱野「ロココと勝負かぁ、何か面白そうだ。そのうちそのゴール割らせてもらうよ?僕の渾身のシュートはオーガをもブチ破ったからね!簡単には止めさせないよ!」

時任「やる気だ葱野ー!」

明井戸「ちょっと恋愛の部分が気になりはするけど、両立か…DFとGKの両立はあってもFWとGKの両立…はうちではそういう奴いないな。」

成神「…流行ってるんスか?GKの他にもう一つのポジションをやるっていうのが。」

明井戸「うちでもまあ、似たようなのが確かに居るけどな。あのドラゴンマニア…。」

時任「ああ……龍野か、でもロココの方が…強いけどね。Xブラストにタマシイを持ってるから。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR