FC2ブログ

過去の先輩と今の後輩。そして突然の提案。

南沢「と、以上が今回の練習メニューだ。」

雅野「………。」

南沢「何だどうした雅野。」

雅野「いえ…次々とメンバーが増えてレベルも上がってチームは順調に強くなっていますよね?」

南沢「まあ、そうだな。確実に強くなっていってはいると思うぞ、それで急になんだ?」

雅野「何て言えばいいか…まだ何か足りないような気がするんですよ俺には。」

南沢「何か、て何だそれ?」

雅野「俺にも分かんないですけどとにかく何かそう思えて…。」

雨宮「それ!…あ、しまった逸れた!」(シュートを勢いよく放ったがゴールから逸れてしまい)

天城「!!南沢、危ない!避けるド!」(そのシュートが南沢の所へと向かっていて)

雅野「っ!俺が……(キャッチングに行く雅野)」

(その前に誰かが飛び出してこのボールをカットしてあっさりとトラップ)

南沢「!?」

「…大丈夫?」

南沢「……ああ、はい。俺は無傷です。」

雨宮「すみません大丈夫ですかー!?」

向坂「けど、あの雨宮のシュートをあんな簡単にカットしてのトラップなんて早々に出来るもんじゃないでしょ。何者な訳あの人?」

「…そこのキミ。」

雨宮「え!?僕ですか…?」

「シュートの時はボールの真芯をとらえる事を意識して、そして正確に。それでもっと強力なシュートが撃てると思うよ。」

雨宮「は、はい…!」

天城「ま、益々何者なんだドこの人は!?」

南沢「何処かで見たかと思ってたけど、貴方は………時任信さん、ですよね?」

「…………。」

天城「時任!?ってテレビに出てる人気歌手だド!」

南沢「それより前は中学時代、此処雷門の生徒であのチョウテイコクのキャプテンを一時務めた事もある。」

時任「…何か、キミにはもうバレてるみたいだね。(サングラスを外し)」

雅野「ほ、本物だ!時任信……雷門サッカー部のOB…!」

雨宮「凄い…サイン貰えるかな?」

天城「お前西園みたいな事言ってるド。

時任「そんな大層なものじゃないよ、革命を起こしたキミ達と比べたらもう全然。」

向坂「そうですかぁ?あの雨宮のシュートを簡単にトラップしたり凄いセンス持ってるのにそっちの世界行っちゃったんですね、プロでもやっていけそうなのに。何でですか?」

雅野「向坂先輩、色々な事聞き過ぎですよ…!」

時任「何でも何も……簡単だよ、もうサッカーは辞めたから。

天城「なぁ!?」

南沢「辞めた……?」

雅野「何で…どうしてですか!?」

時任「………高校生ぐらいの時にね、スペインに行ってたんだ。その頃はまだプロを目指していた、けど……。」

南沢「けど?」

時任「ある試合で相手DFと激しい接触があってね、それで……足をやられたんだ。もうサッカーを諦めろと医者から言われる程の怪我を負った。その時僕のプロへの道、そしてサッカー人生は…終わった。」

「………………。」

時任「と、今はご覧の通りの歌手だ。ちょっと休業してるけどね。」

雅野「そんな事があったんですか……。」

時任「…僕はプロじゃ通用しない、そういう訳だ。もうサッカーに未練は無い……。」(と言いながらその場を後にしようとし)」

雅野「それはおかしいです、時任さん。」

天城「雅野…?」

雅野「サッカーに未練が無いんなら何で俺達の試合を見たり、そして此処に居るんですか?」

時任「………………。」

雅野「今でも…好きなんでしょサッカー、そうじゃなきゃあんな凄いプレー出来ません。」

時任「…未練は無いって言ったばかりだよ。」




雅野「だったら………俺と勝負してください、時任さん。」

「!!??」

天城「な…何言い出すド雅野!?」

雨宮「相手はかつての伝説の人だよ!?」

雅野「それで貴方が勝ったら俺はもう何も言いません、未練が無いって認めます。でも………俺が勝ったら俺達に力を貸してください。

南沢「力を……確かに雨宮にアドバイスした辺りとか、コーチとして居てくれれば俺達はもっとレベルが上がりそうだな。円堂監督みたいにあの当時のサッカーを間近で知っている人の力はデカい。」

時任「…………いいよ、ただしキミのような子供が相手だろうが手加減はしない。…僕の元々居たチームはそういうやり方のチームだったから。」

向坂「何か予想外に凄い事になってきたなぁ。」

雨宮「明らかに向坂先輩の一言から、ですよねこの展開って」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR