FC2ブログ

時任の指導。

時任「露原、ボールを奪ったからと言ってその後絶対に油断しないように。献身的な守備をするFWはDFがボールを奪ってすぐの所を狙って来るからね。」

露原「はい!」

時任「南沢、今のシュートはもうちょっと回転を加えれば更に威力が増すと思うよ。」

南沢「分かりました。」

天城「あれが時任先輩の指導かド、鬼道コーチや円堂監督の指導とはまた違ったタイプだド。」

向坂「円堂監督みたいに熱血でなければ鬼道コーチのようにスパルタ、という訳でもないけど見てる所はちゃんと見てるって感じですねぇ。」

雅野「なんでしょう…静かだけど内に蒼い炎が燃え上がってるような、そんな感じが。」

向坂「何その例え?」

雅野「あ、いえ。何となく思いついただけです。」

時任「そこー、サボってたらグラウンド30周だよー。」

天城「あ、さ…サボってないドー!ほら皆張り切って練習だド!!」

向坂「はいはーい。」
スポンサーサイト



非公開コメント

遅いですが、明けましておめでとうございます!

隼総「やっと俺らの出番かよ、女どもに任せやがって、何を考えているんだあの監督は。」

光良「ハハハーハハッ!俺は光良夜桜、よろしくな!」

喜多「見苦しい高笑いは辞めろと言っているだろ!…失礼した、このチームの1軍キャプテン、喜多一番だ、以後宜しく。」

影山「影山輝です。…ハァ、いつも聞いているから、厭きれますよ。」

隼総「隼総英聖だ。…あれはそれにして、監督にしては妙なメンツを選んだな。」

影山「ですね。…しかし南沢先輩達のイレブンは良いですよね、サボっただけでも30周って。」

光良「俺らなんか、少しサボったら走り込みや必殺技の練習などしたりで、まさに地獄だよな。」

喜多「そうか?俺はただちゃんとするために考えたメニューだが、そんなに悪いのか?」

影山「僕的には悪いです。もうちょっと易しく出来ないのですか?」

喜多「出来ない(キッパリと)…文句を言っているともっと増やすぞ!」

影山「そ、それだけはご勘弁をー!(パッーと逃げる)」

本年も宜しくお願いします!

向坂「女性ばかりで華やかかと思えば男も居たんだ。」

露原「そりゃ居るでしょう、ていうか向坂先輩は言い方気をつけてくださいよマジで…」

向坂「少しサボるだけで走り込みに必殺技の練習…良かったー、時任コーチで。」

雅野「帝国でもそれぐらいだったぞ、ちなみによそ見をしただけでその場で腕立て50回だ。」

露原「お前の所も厳しいのかよそれぐらい…まあ、あの学校の雰囲気を考えればそうか。軍隊みたいな所だよなぁ」

雅野「だから向こうのイレブンは強いと思うぞ。」

向坂「敵に回したくはないなぁ。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR