FC2ブログ

感想。

雅野「南沢先輩、雷門の方にやっぱり戻ろうと思ってたんですね。そしてわざわざ鍛えようと兵頭先輩まで連れて来たりと。」

南沢「ちょっと気が向いただけだ、それに試合見ててヒヤヒヤしてばかりで身体に悪い戦いばかりしてるしあいつらは。」

向坂「いわゆるクールツンデレですよね。

雅野「しかし西園…なんて強運持ってんだ、あの立向居さん直々に指導してもらうとは。」

真田「ホントそうだよ!僕も可能なら葱野さんに指導をお願いしたい!」

時任「ね、葱野?真田、彼に憧れ持ってるんだ…。」

南沢「しかし、まさか剣城のランスロットによる必殺技を止めるなんてな。不安定ながら。」

向坂「単独の三国先輩じゃ絶対出来ない事ですよね。

雅野「…俺に言わせればあいつはまだまだ全然ですよ、常にその力が出てないと一流のGKとは言えない。俺なら全部止めます、立向居さんのシュートも含めて。」

向坂「おお、強気だなぁ雅野。よっぽど西園に刺激されたのかな?」

南沢「何より同じ1年だしな、あいつら。」

時任「まあ覚醒しかけた所までは行ったけど新雲の手強さは変わらない…エースの雨宮を止めてGKの佐田を攻略しなきゃならないキツい戦いになるからなぁ…」
スポンサーサイト



非公開コメント

今日の放送で思った事

円堂「とりあえず…南沢無事で良かった!」

剣城「いきなり何の話ですか!?」

円堂「だって!車田と天城に乗っかかれてんだぞ!普通だったらアウトだろ!?」

剣城「まぁ…普通はですがね…。」

円堂「それにしても…前の記事に書き込みしてた人…あのチームでは初めてだけど先代は凄くインパクトあったな…凄いタフなメンバーが沢山居て…いや~本当懐かしいな。」

剣城「若い円堂監督も色んな知り合い居ますね。」

円堂「まぁな。帰ったら色んなチームの事教えてぞ。」

No title

南沢「ああ、あれな。車田来てからの天城はギリギリで避けさせてもらった。流石にあいつの重さは無理だ」

向坂「ちょっとした裏話ですねぇ。」

雅野「天城先輩を受け止められる人って中々居そうにはないですよね。」

南沢「…何か円堂監督ならマジで受け止められそうな気はするが。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR