FC2ブログ

憧れの人へのチケット。

真田「よし、取れた!」

向坂「?何、どうかしたの取れたって?」

真田「今度のプロリーグの開幕戦チケットが取れたんです!それも(成神のチーム)VS(葱野のチーム)の試合が!」

雅野「ああそれで喜んでるのかお前。昨年の王者と3位のチームの激突か…(ちなみに準優勝は明井戸のチーム)」

真田「葱野さんの試合が見れるんですから楽しみですねぇ…。」

南沢「憧れてるにしてはポジションが違うみたいだけどな。

時任「うん、彼は今やプロリーグ屈指のストライカーだよ。…しかし相手が成神達か。」

雅野「けど何でお前そんな葱野さんに憧れてるんだ?」

真田「だって…カッコ良いじゃないかあの人。厳しい日程のはずなのに何時もサッカー楽しんでいてベストパフォーマンスを見せたり……凄いよ!」

時任「ああ……彼のその気持ちはチームで一番だったからね。10年経ってもそれは健在みたいだ」

雅野「まあ今回の試合はノーゴールで終わりそうだろうけどな、成神先輩達相手じゃ…。」

真田「お前何言ってるんだよ!葱野さんを抑えられる訳ないだろ!」

雅野「前回王者の守備を甘く見るなよ!そう簡単に得点されるようなチームじゃないぞ!」

時任「ああー…こういうやり取りも何だか懐かしいや。」

南沢「結構しみじみしてる事が多いですねコーチって。」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

円堂「そうか…葱野と成神のチームの試合か…」

洞沢「若い円堂監督…あの2人とも知り合いなんですね。」

円堂「もちろん、先代でお世話になったからな。…特に葱野は…誰よりもサッカーを愛している奴だからな…苦しい練習日程でも常に楽しめるんだ。…それにしても真田に雅野…ははは!!」(突然思い出し笑い)

洞沢「ど…どうしたんですか!?」

円堂「あぁ…ゴメンゴメン…あの2人の喧嘩見てたら、葱野と成神を見てるみたいだ…よくあぁやって言い合いをしていたんだ。」

洞沢「そうなんですか…プロの方々の色んな話が聞けるとは…」

円堂「俺達もチケット取って、あいつらの試合見に行こうっと♪」

神代「どうやら平仮名表記は不要のようですね、助かります」

広目「私はどっちでも良いけどね。それはそうとウチら、なんか知られてる雰囲気じゃないか?」

神代「10年前にも私たちと同じチームが世界一を獲得していますからね」

宇佐「そうですね~、一応私たちも先代チームの後継者になりますから」

広目「ふぅん……それはそうと、なんか憧れの人とかの話らしいね。誰かいる?」

神代「鯛焼き職人さんでしょうか……目分量だけで餡を調整し、焼き色を……」

広目「ゲゲッ……まーた代表の鯛焼きバカが発動したよ…」

宇佐「私は動物園のウサギさんの飼育員さんが……」

広目「……(ゴッドハンドの構え」

セイレーン「そういう西白子は誰かいる……?」

広目「アタシ?  そうだな……和田さん?育ての親みたいなもんだし」

神代「ああ、たまに海賊船を逆に沈めたってニュースになる人ですね。たしか貿易船の船長さんで」

広目「そ、その人」

宇佐「一体どういう人なんでしょうか、それ……怖い人…?」

広目「優しいけどなー? って、おお!ここバンダナのにーちゃんも来るんだな!よろしくな!」

セイレーン「……円堂ね」

火板「私たちはミナツキン、キャプテンがいないって変なチームだけど宜しくお願いします!って……ハッ! 私自己紹介全然で来てない……」

No title

秋山「ホント、私らで良かったのかな…。」

楓野「ほ~此処が隼総くんが言っていた所ぞよね~」

月見「うふふっ。もう喜多ちゃんたら私の事を忘れちゃって♡」

秋山「おい、そこの2人、キャプテンたちは私に代役を任されたんだから、ちゃんと言う事聞けよ!」

楓野「ほほほ~。…それより凄いぞよ~、前のチームとの対戦ぞよ~」

秋山「そうだな、こういうのは嬉しいよね。交流も深めるしね。うちもしないかなー」

月見「私だったら男の子だけのチームは大歓迎よ?」

秋山「月見、お前はもう黙れ!」

楓野「ほほほ~、隼総くんたちは私らの事を煩いとか言っていましたよね。…後でお札を入れて置くぞよ…。」

月見「はああ、南沢くぅん♡(南沢にウィンク)」

秋山「もうバラバラ、月見お前迷惑かけるなと言っただろ!…うちらはこんな感じだが、迷惑は掛けるつもりはサラサラ無いからね。全力で応援しているからね!」

楓野「なんなら、チケットでも買いに行くぞよ?」

月見「良いねそれー」

秋山「ま、まぁ、出来たらね。」

天音さんへ

雅野「あれ…何で俺達が言い合うとあの人笑うんだ?」

真田「さ、さあ…?」

時任「円堂の気持ち分かるよ、僕も思い出せば……。いやー、皆色々と先代に似てる所があるもんだなぁ。」

真田「あ、円堂監督!チケットを取るならお早めにした方が良いです。何かもうすぐ完売という情報が…。」

みなつきさんへ

雅野「鯛焼きかぁ、食べたいな。今年まだ食べてないし時期的に今が美味しい…」

南沢「鯛焼きに反応したな、あ…俺カスタード派で。」

向坂「カスタードと普通、どっちも美味しいですよね。」

時任「海賊船を逆に…和田、しばらく見ない間になんというか…うん。成長してるね。」

真田「今の時代海賊船ってまだあるんですね。昔だけかと思いました。」

蒼光さんへ

雅野「あれは、秋空チャレンジャーズの女性達…いや。1人男混じってますけどね。」

向坂「まあそこは触れないでおこう、今そういう人達が大活躍中の時代なんだから。」

時任「あ、向こうに楓野さんが…やっぱり向こうでも居酒屋行く事が多いのかな。同じアパートの人を誘ったりと。」

雅野「そして南沢先輩……熱烈なファンが居ます、向こうに。」

南沢「どうも、これからも応援よろしくお願いしますお姉様方。」

雅野「全く動じてない!?」

向坂「または必死に平静を装ってる、ていうのも考えられるね。」

真田「あ、チケット買うならお早めにー!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR