FC2ブログ

ついに始動、ネオテイコク。

御門「うおおーー!!黒き翼レイブン!その力を受けるがいい!!」(豪快なシュートでキーパーごと吹っ飛ばしてゴール)

12-01-28_001.jpg

「試合終了ー!御門この試合ダブルハットトリックー!!」

御門「話にならん、この程度の連中では。」

時任「ザゴメルの守りとかを物ともしない……やっぱり彼を引き止めたのは正解だったね。」


雅野「腕、というかその足は鈍ってはなかったみたいだなお前。」

御門「当然だ、鍛錬を怠ってはいない。」

龍崎「俺の出番もそんなに無かったな。前が止めてくれてたおかげで。」


向坂「なんか、ちょっと帝国中心になってきてるな。いっそネオテイコクに決めちゃおうか?」

真田「あ、そうしましょうか!前のチームもチョウテイコクと名乗って上手くいっていたみたいですから。」

時任「うん…ただ帝国の人が多いだけで付けた名前だねそれは。

黒裂「俺達とか他校も居る中でそれか。」

千宮路「まあ、いいだろ。名前どうこうで強さ自体が変わる訳じゃないんだからな。強く、そして勝てれば良い」

南沢「前の御門の言葉じゃないけど、人生分かんないもんだ。…シード中心のチームを率いるって。」
スポンサーサイト



非公開コメント

チーム名決定おめでとうございます!

天馬「そして御門先輩に龍崎先輩、宜しくお願いします。」

洞沢「にしても…本当にシード中心になっちゃってるね。まぁ…よろしくです~春センパイ、おーじセンパイ」

天馬「…秀二…あの2人の事そう呼んでたの?」

洞沢「うん…というか佐々木先輩以外は皆あだ名だよ。」

天馬「佐々木先輩?…あぁ…風紀に厳しいあの人。」

洞沢「本気で怒ったら手が付けられないからあだ名で呼ぶなって春センパイに止められちゃってね~…あの人の逆鱗に触れるのはやだしね~」

天馬「でもさ雅野…あの2人にタメで話してるけど…良いのかな?」

洞沢「2人から指摘がないから良いんじゃないの~?こっちだと確実にアウトだけど~。」

おお、カッコいいチーム名ですね!

喜多「おっ、チーム名が決まったとな。おめでとう!」

隼総「ちなみにうちはそのままブレイブにしているぜ。監督が面倒くさがっているからな。」

月見「うふふっ、また来ちゃった!」

喜多・隼総「!!!??」

楓野「大丈夫、私も居るよ、月見のストッパー役で来たからね!」

喜多「…良かった(心の中で)」

楓野「10-0は凄いね、私らでも試したけど、10-1になったもんな。最後の最後に。」

月見「うふふ、そうだね。…私は南沢くん隠れファンクラブ会長になったらからね、宜しく♪」

楓野「南沢ー!無視しちゃって結構だからね!…居酒屋行く事多いよ、どう、一緒に行くか?奢ってやるよ。」

喜多「…勝手にネオテイコクの皆さんを誘わないでください。」

隼総「ハァ、調子狂うな本当に…。」

天音さんへ

御門「む、洞沢が向こうに居るのか。」

龍崎「ってそういえばそうだ。お前年上は敬えよ1年?」

雅野「今までずっとタメで喋ってただろーが、今更変えてどうする。」

御門「まあ同感か、こっちも急に敬語に変えられては調子を崩しかねん。……佐々木か。確かに人一倍奴は風紀に厳しい。」

雅野「そのせいか、帝国がほぼ真面目な連中となってるのは。」

龍崎「ほぼ、だけどな。やっぱり一部でそうじゃない連中は居るものさ。

蒼光さんへ

時任「そのままブレイブ…先代の名をそのまま継いでるみたいだね、こっちもそのままチョウテイコクで良かったかな?」

雅野「あのチームみたいな超大差の試合は真似出来ないですよ俺達には。…名乗るのはふさわしくないと思って止めました。」

南沢「……俺はあの人を強く惹かれさせるような事をやっていたのか?」

向坂「知らない間に南沢先輩のファンクラブ出来てたんですね。あの人が会長の。」

真田「居酒屋ですか……僕達行って大丈夫ですか?未成年という身ですけど。」

時任「居酒屋は何もお酒だけ置いてる訳じゃないよ、ソフトドリンクもあるしデザートも置いてあるんだ。」

南沢「しかし、そっちの楓野さん…雅野が凄い食べるので止めておいた方がいいのでは?大丈夫なら行きますよ。」

時任「…まあ、僕も行くから。女性だけに払わせる訳にはいかないからね」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR