FC2ブログ

とうとう組まれた試合、その相手は…?

南沢「さて…やっと、相手が決まったようだな。」

雅野「ですよね、そして今日その相手と初顔合わせ…どんなのが来るんでしょう?」

神童「代表者が来ると聞いてるが…。」

天馬「代表者…俺此処に居て大丈夫ですか!?」

南沢「何言ってんだ、雷門の超代表者だろうが。

「待たせたな!」


雅野「…来た、どんな………………………え?」


葵「あ、天馬達!」

茜「うふふ………シン様もいる…。」

水鳥「よー、天馬。元気か?」

天馬「あ………葵達!?え、何!?練習試合のチームの代表者が来るんじゃあ…」

神童「まさか…まさかとは思うが……」


葵「その練習試合チームの代表者…私達だよ?

えええーーーーーーー!!!!??


南沢「……天馬、お前の幼なじみはそんなにサッカーの上手い女子だったのか?」

天馬「そ、それは…俺も知らなくて……いつも見てくれていてサッカーやってるのは…」

雅野「雷門ってマネージャーもサッカーが上手いんですか?」

神童「確か10年前のマネージャーは上手いと聞いていたが…3人がボールを蹴っている所は見た事が無い。」


茜「うふふ……シン様とサッカー……シン様とサッカー…。」

水鳥「おい、茜大丈夫かぁ?まあそういう訳だ!お前らの相手はあたし達が務めるんで!」

南沢「…なるほど、まさか初対決の相手が女子とはな。」

雅野「それもマネージャー達相手ですか。」

神童「よし……その挑戦受けよう!」

天馬「どんなサッカーになるか分からないけど、楽しみですね!」

雅野「おーい…キャプテンは南沢先輩だからな。

南沢「まあ、いい。受けるつもりだし。」

葵「じゃあその日は……………………これでどうでしょう?」

南沢「うん…いいだろう。」


そして帰って来る南沢達。


天城「お、どうだったド?」

南沢「……女子マネージャー達が相手だ、初めての練習試合は。」

露原「女子マネージャー…ですか?」

御門「くだらん、そんなもの相手にならないだろう。」

龍崎「もっと手応えのある奴に変更は出来ないのか?」


時任「…そこの帝国2人、なめてかかっちゃいけないよ。あの子達強いんだよ?」

御門「時任コーチ、…女子の力を知ってるんですか?」

時任「ちょっと見たけどね、特にあの葵って子…GKだけど。白竜のホワイトハリケーンを完全に防いでいたんだよ。(加えてGX)」

龍崎「!!??白竜、というと…シード最強のストライカーのはず……そいつのシュートを受け止めたと…!?」

南沢「………思ったより骨が折れそうな予感がしてきたな。」
スポンサーサイト



非公開コメント

1年達の会話

天馬「…っくしょん!!」(突然くしゃみ)

影山「て…天馬君風邪!?」

狩屋「馬鹿は風邪引かないって言うけどな…」

天馬「いやいや風邪じゃないよ!…(誰か噂してるのかな…?)」

影山「それはそうと!葵ちゃんに茜さんに水鳥さんが居る!」

狩屋「…ってか…いきなり向こうの帝国2人は舐めてたみたいだけど……内容聞いたら向こうの葵ちゃんかなり恐ろしいな。」

天馬「それ位強いって事だよ…そんな向こうといつか一緒にサッカーしたいな!!」

影山「うんうん!僕も戦えたら凄く光栄だと思うよ~!!」

狩屋「結局2人はそれかよ!!」

広目「まずは、チーム名決定おめでとう。からか?」

神代「ですね、おめでとうございます」

広目「無表情でお祝いはされても嬉しくないぞ……たぶん」

神代「この顔は生まれつきです」

広目「なんだかなぁ…。まぁ、良いや。あんた達!女子と試合だからって気を抜いてたら痛い目見るよ!」

神代「まぁ……私たちも女子チームですからね。油断大敵です」

霧野「女子チームじゃないだろ、俺もいるぜ」

神代「………ああ、そういえばそうでした」

霧野「反応が薄くないか。釈然としないな……」

テクノ「キリノンあんまり気にしない方がいーよーん」

霧野「むっ……そのあだ名はやめてくれ…」

広目「しっかし、マネージャーが強いのは珍しいかもね。そんな強いなら選手になれば良いのに」

神代「強いマネージャー……尻に敷かれますね」

広目「うちの空野達もそこそこやるのかい?」

神代「さぁ……戦ってみます?」

広目「良いね。声かけてみるか!負けた方が帰りに鯛焼きおごりな!」

神代「これは…本気にならざるを得ませんね」

霧野「おいおい…」

天音さんへ

真田「天馬君が風邪!?この時期特に気をつけた方がいいよ、手洗いとうがいは忘れずに。」

雅野「いや、確かに大事だけどウワサ話でのくしゃみっぽいから。」

向坂「というかそんな女子GKから得点なんて出来るのかな、南沢先輩のシュートが通じるのかどうか。」

南沢「通じなきゃどうしようもないだろ、それに俺以外にも撃てる奴は揃ってるんだ。破る術はいくらでもある」

真田「じゃ、頑張って行きましょうか…!」

みなつきさんへ

向坂「無表情だけど可愛い子だよね、ああいう子が人気出そう。」

南沢「で、早速言われたな。女子相手だからって気を抜いたりなめてかかったりするなと。」

雅野「勿論、手加減なんてする気は更々ありませんよ。女子を侮るような事はしませんので」

向坂「同じ帝国の人達はなめてたみたいだけどね?」

雅野「…あいつら……マジで本気でやれよ…!」

真田「鯛焼き食べたいなぁ。」

雅野「あ、そうだな。試合終わったら食うか。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR