FC2ブログ

かつての選手達。

向坂「時任コーチ、過去の人達ってどんなのが居ました?」

時任「また急だね……」

真田「あ、それ興味深いです!やっぱり資料とかそういうのだけじゃなく実際のイレブンに聞きたいですから。」

時任「あの時か………明井戸と成神と葱野はもう知ってるよね、他に居たの…吹雪アツヤっていうチームのエースが居たね。」

南沢「葱野さんを超える実力者…という事ですか、しかし吹雪…あの吹雪士郎さんに兄弟が居たんですか。」

時任「まあね、双子の弟の方だよアツヤは。確か彼は…海外のプロリーグ行ったって聞いてる。」

雅野「海外に行ったストライカーですか、染岡さんみたいですね?」

時任「後はそうだね…龍野寵児、元々彼が初代キャプテンだったんだけどね。チョウテイコクって」

真田「龍野さん…確か凄腕のGKって聞いてますけど、後はコーチと。」

時任「GKだけど自分より凄いのが入って今のままじゃ皆の足を引っ張るだけと考えてコーチの方に専念したんだ。…彼がいなきゃ10年前のチーム自体無かったと思う。」

南沢「全ての始まり、という訳ですか。」

時任「それで今は……大きな会社をやっててそこの若社長って聞いてるよ。」

南沢「そうですか……就職先の選択肢が増えたな(小声)

向坂「悪い考えが小声のつもりがバッチリと聞こえてますよ南沢先輩。
スポンサーサイト



非公開コメント

神代「10年前……私たちで言うミナツキンの始まりの時ですね」

広目「和田の兄ちゃんも元ミナツキンらしいけど、スゴかったのかな」

神代「少なくとも、サッカー以外の分野の方がスゴかった可能性は高いですね」

佐田「凄さ?俺様の話か?オーケーイ!さぁ!なんでも聞いてくれ」

白竜「究極のこの俺を差し置いて何を言っているこの雑魚が!」

霧野「はぁ……ディープミスト…」

佐田「うおっ?!」
白竜「なぜだ!究極のこの俺の目が見えん!見えんぞーっ!」

広目「黙ってろアホども!」

神代「始まりの人ですか……私たちにも、社長になられたとか、プロリーグにいった先輩方がいらっしゃっるのでしょうか」

つむじ「霧野先輩…さすがっす」

No title

楓野「昔の人たちか、うちらじゃ先代のブレイブだね。」

月見「そうだね、僕知っているよ、資料とか勝手に読んだから♪」

秋山「私は聞いたことあるぞよ~?…確か大谷先輩は結婚したとかだったようなぞよ~…」

月見「まぁあそれは凄いね。夢があるわー♪」

楓野「源田先輩は確かプロリーグで活躍、マーにゃん先輩は中華料理の看板娘から女店長になったもんね。」

秋山「あそこの中華料理はお世話になっているぞよ~、レバニラとか美味しいぞよ~」

月見「カニ玉とか中華ラーメンとか色々あるし、それにおまけもくれるよね!」

楓野「先代の人たちの事なのに、何故中華料理の話になっているのかな?」

秋山「あはは~ぞよ~(誤魔化し)」

月見「まぁね、美味しいから良いのよ!…その他にも企業の社長になったり、保育士など色々居たわね。後で資料調べ直そうっと!」

楓野「ハァ、いつかは見てみたいね、先代の人たちが揃う時が…。」

みなつきさんへ

神童「白竜だ、向こうに白竜が居るぞ!?」

雅野「……シード最強の人は随分と個性的な人なんですね。」

南沢「この反応を(天音さんの)剣城が見たらどういう反応をするんだろうな。それは興味ある。」

神童「それを霧野が冷静に対応するか…流石だな。やっぱりあいつって頼れる」

向坂「冷静な抑え役って感じかな?」

蒼光さんへ

時任「へぇ~、大谷さん結婚したのか。相手誰なんだろう…?」

南沢「他の人も立派になってそうですね、源田さんとかやっぱりプロリーグか…」

雅野「……中華料理…食べたいですね。」

天城「同じく、だド!」

南沢「ラーメンで我慢しろ、雷雷軒のラーメンで。」

向坂「そうだよ、そこのラーメン凄い美味しいし。でもそこの店にも興味あるなー、今度行ってみます?」

天城「それは行くの決まりだド!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR