FC2ブログ

男子チームVS女子チームV2

「さあ、それでは…女子チームからのキックオフで試合開始です!」

龍崎「やるのは良いが……何故場所がよりによってピンボールスタジアムだ!?

水鳥「ああ、こっちまで凄ぇやり難い場所だ!

天城「俺にとっては色々あった場所だけど、思い出に浸ってる場合じゃないド!」

天馬「よーし…まずはボールカットからだ!」

機智野「ゼロヨン!!

12-02-07_006.jpg

天馬「わっ!?」

黒裂「早い!?」

「これは1年の機智野、あっという間のスピードで進むー!」

機智野「それ、花月先輩!」

御門「進ませるか…!」

花月「おっと、後輩が良い所見せてるんだ。先輩が見せない訳には行かないでしょ!なみのりピエロ!

12-02-07_004.jpg

「今度は3年の花月!女子チーム、鮮やかなドリブルを魅せて男子チームにボールを渡さない!」

南沢「なんてキープ力の高さだ…全体的に。」

花月「さあ、行こうか里巳!(前線の御前へとパス)」

御前「OK、此処は……これで!デスソード!!

12-02-07_005.jpg

「ああー!これは!なんと剣城のデスソードを3年の御前が使ったー!他にも使い手が居たのか!?」

半戸「(よし、これをチェインで!)」

神童「!……読み通りだ!ディープミストS!!

12-02-06_020.jpg

「神童止めたー!!」

八神「………先読みでチェインシュートの根元を断ったか、流石雷門のキャプテン。」

神童「作戦通りに…行くぞ天馬!」(一気にゴール前から前線へと超ロングパスを蹴り)

天馬「はい、キャプテン!」(そのパスに反応して走り)

「男子チーム、一気にカウンターに出たー!神童のロングパスに松風が走る!!DF対応が遅れていてフリーだ!」

天馬「行くよ葵ー!マッハウィンド改!!

12-02-07_023.jpg

「最初のシュートは男子チーム、松風天馬だー!!」

葵「っ!(このシュートに対して技も使わずド真ん中でガッチリとボールをキャッチ)」

天馬「え…!?」

「ああ!しかし…空野、松風の必殺シュートに対して技無しで正面から受け止めたー!!」

葵「うん、良いシュート!だけど……それぐらいじゃ私から得点出来ないよ天馬!」

南沢「…もっと強いのを撃たなきゃ到底届きそうにない、か。改めて甘く見るなって事だな」

楓野「ふう、若いねぇ。ちょっと裏を突かれたけど、さて……本気でやろうか」
スポンサーサイト



非公開コメント

本郷「あら、久しぶりに帰国してみれば、随分と楽しそうなことをしてるのね。女子対男子かぁ……ふふっ、懐かしい」

広目「なぁ…あのお姉さん誰だ?」
神代「さぁ、知りませんよ……近所の方じゃないのでしょうか」

本郷「矢神さんが結婚かぁ、うちじゃエミールとかしら?」

神代「よくは分かりませんが……」

広目「試合見逃すのはマズいよな。って、よそ見してる間になんか技止めてるし」

神代「あれ、出来ますか?」

広目「んー、無理とは言わない。必殺技を止めるのは条件がそろえば私にも出来る。でも、それをさっぴいても余程にやるね、あのマネージャー」

神代「そうですね、ブロックも入らない完璧なシュートでしたのに」

広目「しっかし、化身が出だしたら話はまた変わるからな。まだまだ番狂わせはあると思うね」

神代「流石に男子陣営はほぼ皆さん化身使いですしね、さて、鯛焼きでも食べながらゆっくり観戦しましょう」

実況

信助「さぁ!いよいよ試合が始まった!場所はピンボールスタジアム!」

洞沢「まぁ…確かにあんなやりずらい何故選んだからは気になったけど…それ置いといて…女子チームいきなりドリブルで進んでき…何と3年の御前先輩がデスソードを放つ!そこからチェイン!…される前に神先輩が止める!あれは霧先輩の技だね~。」

信助「そして神童キャプテンのボールを天馬が受け、一気にカウンター!マッハウィンドを放つ…けど!何と技なしで受け止めた!向こうの葵ちゃん恐るべし!」

天馬「…これは話聞いていた以上だね…」

No title

楓野「おや、あちらさんは試合のようだね、女子チーム相手の。それに私も居るっ!?」

喜多「居ますけど、あなたじゃ無いから、ご安心を。」

楓野「うん、分かっているから!…女子相手じゃ手加減とか合って大変そうだね。」

隼総「そうか、勝負ってもんは女子男子関係無く、正々堂々と戦うもんだ!」

楓野「しっかし、葵ちゃん強いな!天馬相手だって言うのに容赦なし!」

喜多「ホント、試合になりますと燃えるな、楓野さんは。」

隼総「俺たちもいつかああいう試合をしてみたいな、うちだけじゃなく他のイレブンさん達とな!」

喜多「ああ、その時は準備万端で行くが…出来ればの話だがな。」

楓野「そっちだって、燃えてるくせにね。…試合をちゃんと見てないとね、後でうちの後輩達に話してやろう。」

みなつきさんへ

時任「本郷さんだ!凄い久しぶりだけど…帰国?旅行に行ってたのかな。」

南沢「あの人も知り合いですか時任コーチ?」

時任「ああ、10年前に知り合ったチームの確かキャプテンを努めていた…と記憶しているよ。エミールとかも元気かなぁ」

向坂「ホント色々と知り合いが多いなコーチって」

天馬「せめてバーニングキャッチ使って来るのかと思ってたけど、それすらも無いなんて…凄いよ葵は。」

神童「これはもう、甘く見ない方がいいな。」

天音さんへ

南沢「ホントなんであんな所に場所にしたのか、クジ引きでもしたのか?」

向坂「俺達の知らない間に場所まで決まっちゃったみたいですねぇ。けどやっぱ実況付きは盛り上がってテンション上がりますね?どうせなら毎回実況してくれません?」

雅野「大無茶を言わないでください!向こうにも都合というものがありますから…」

蒼光さんへ

真田「向こうにも楓野さんが!えーと、…双子ですか?」

雅野「そういうのじゃないだろ、向こうの世界の楓野さんという事だ。」

向坂「天馬相手なら幼なじみのよしみで手加減してくれんのかなって思ったら全然手加減は無いねぇ。」

天馬「手加減で勝っても嬉しくないです!やっぱり本気じゃないと!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR