FC2ブログ

男子チームVS女子チームV3。

南沢「あ、タイムだ!」

葵「え?南沢先輩?」

「おーっと、此処でタイムを要求した南沢!一体どういう…」

南沢「水曜だから。

向坂「あ、それじゃタイムですね。

楓野「ちょっと一休みだね。

時任「10年経っても変わらないんだなぁ、こういうのって

天馬「キャプテン!大丈夫ですか!?」

神童「い、いや。俺は大丈夫だから…な?それはアニメの方だから……」

南沢「ま……むしろ今までの試合であれだけの目に遭って入院者が1人も出なかったのが不思議なぐらいだな

向坂「雷門は皆身体が頑丈に出来てるんですねぇ。というか、前半の不調は何処行ったの雨宮」

雨宮「いやー…俺凄い活躍してるね。って、ハットトリックしてるのに何でその事言われないの!?」

雅野「興奮のあまり言い忘れたとか、…やっぱり得点されたか。経験浅いからテクニックのシュートは止められなかったようで、パワーシュートばっかりに慣れ過ぎだ」

南沢「同じ1年GKから駄目出しの連続だな、それぐらいにしておけよ。」

雅野「そしてそれ以前に佐田先輩、目立ってるならちゃんと止めてください。

向坂「1回しか止められてないね最少失点GK。

南沢「で、まさか…2軍と次は練習試合か?」

向坂「へぇー、そうなんだ。じゃ、たっぷりと鍛えてあげるよ」

黒裂「お前その時剣城一人に2軍を潰された事忘れてないか?」

向坂「ああ、まあそんな事もあったね。

真田「軽く流しましたね……じゃあ、試合戻りましょうよ!」


「さあ、キーパーの空野から山菜へ!」

神童「思ったよりやる…が、負けない!」

「これに対して神童が止めに行ったー!」

茜「うふふ……シン様……貴方とサッカーする為いっぱいボール蹴った…オリンポスハーモニーGX!

12-02-07_003.jpg

神童「な!?」

天城「神童のドリブル技を使ったド!?」

「最高クラスの突破技が出たー!山菜、神童の技で本家を突破ー!!」

茜「後は…よろしく……。」(白雪へとパス)

白雪「ああ、南沢先輩……貴方の前で良い所を見せます!!」

南沢「……何だ、あの子の気迫は。物凄いな…」

雅野「!?何か知らないが凄い殺気を感じる……」

白雪「パンサーブリザードZ!!

12-02-06_010.jpg

「2年の白雪、白恋の雪村が得意とする技を放ったー!」

向坂「あんまり好き勝手にやんない事だね、ハンターズネットS!!

12-02-07_009.jpg

「おーっと!向坂、一発でこれをブロック!流石ネオテイコク随一の曲者DFだ!」

向坂「そーれ、神童!」

水鳥「!神童マークだ!」

向坂「…なーんてね。(自分でドリブル)」

水鳥「あ!汚ねぇ!!」

「向坂、パスと見せかけて自分でドリブルだー!」

向坂「汚い?サッカーっていうのは騙し合いに駆け引き、駆け引きに負けたり騙される方が悪いのさ。」

御門「あいつ…雷門にしては珍しいタイプの男だな。」

「さあ、そして向坂、神童、黒裂とボールを繋ぐ!」

黒裂「行くぞ雨宮ー!」(雨宮へとラストパス)」

楓野「……(ニヤリ)」

雨宮「よーし!(パスを受け取り、そして笛が鳴る)……え?」

「これはオフサイド!雨宮オフサイドトラップに引っかかった!」

楓野「悪いねぇ、強大な力を持つアンタとはまともにぶつかったら身が持たないんで」

時任「そう来たか……」

楓野「さあ、行くよ!(パスを出す)」

御門「させん!(山菜へのパスをカット)」

「これを御門がカット!そして……おお、早くもシュート体制!?」

御門「これならどうする小娘!絶皇帝ペンギン7!!

12-02-08_001.jpg

12-02-08_002.jpg

「出たー!御門得意の皇帝ペンギン7!!松風のマッハウィンドより強烈なシュートだ!」

みとん「させない、かっとびディフェンスV2!!

12-02-07_008.jpg

「これは霜桐姉妹の姉、みとんがブロック!しかしまだ威力は死んでいない!!」

葵「ありがとうございます……極無頼ハンド!!

12-02-07_013.jpg

12-02-07_015.jpg

御門「く…!?俺の皇帝ペンギン7が…!」

「これも止めた!みとんとの連携で空野が御門のシュートも止める!」

葵「…それ!茜さん!」

茜「……うん、決めちゃおう。」(そのままダイレクトで水鳥へとパス)

水鳥「よーし、行くぜぇ!!」

水鳥、半戸、白雪「超トライアングルZZ!!

12-02-07_010-1.jpg

「ついにエースの水鳥がシュートぉー!!」

真田「これは…入れさせない!かっとびディフェンスS!!

12-02-08_005-1.jpg

「真田、ブロックに入ったー!しかし…勢いは止まらず!」

雅野「これで充分だ、絶ゴッドハンドV!!

12-02-07_022.jpg

12-02-07_019.jpg

「雅野止めたー!葵に負けじとこちらもファインセーブ!1年コンビで此処は守り切りました!」

雅野「キーパー歴の浅い素人に流石に負ける訳にはいかない…。」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

円堂「あぁ…やっぱり10年経ってもやるんだな…まぁ…そうだろうな。」

天馬「神童キャプテン無理しないでくださいよ!」

浪川「お前も心配するのはアニメの方だから!まぁ…さっさと実況やれ」

洞沢「はいは~い。さて…空ちーのボールを受け、山先輩が上がり…ここで何と!オリンポスハーモニーが炸裂!」

信助「そして…パンサーブリザードが……」(涙目になる)

天馬「えぇ!?信助どうしたの!?」

信助「…パンサーブリザードの秘伝書…僕らも欲しかったよ~!」

浪川「実況関係無いじゃねぇか!!他所で私情挟むなよ!!」

円堂「場所が遠すぎて行けなかったからな…何で今回技伝授無かったんだろうな…」

洞沢「まぁまぁ…そうしてる間にそのパンサーブリザードを完全ブロック!パスすると見せかけてドリブル!そして綺麗にパスを繋がり雨みーへ!…と思いきやオフサイドトラップにかかってしまった!」

信助「…っ…さて僕の気を取り直して…茜さんへのパスを御門先輩が取り、皇帝ペンギン7を撃つ!…しかしシュートブロックで威力を減らされ、最後は葵ちゃんの無頼ハンドで止められた!」

天馬「これはまた凄い技の応酬だね…」

洞沢「そして此処でトライアングルZZが炸裂!…これは真っちのブロックとみーやのキーピングで止めた!」

円堂「今のところ互角か。あっ…そうだ…今回は初の試合だし…この試合だけは毎回実況するか!」

天馬「そうですね!皆!頑張って~!!」






本郷「本当、お久しぶりね!ええっと、私はアレクと結婚してからはドイツにいるの。ドイツで女子リーグを設立したり、忙しくてなかなか日本には来れなくて……」

広目「あの人、なんかあっちの監督?コーチ?と仲良さそうだぞ?」

神代「10年前のご友人でしょうか」

広目「どっかでみた気がするんだけどなぁ……それより、あっちにもバンドいるんだな」

神代「そうですね、広目さんも召集されていたら、ドッペルと遭遇でしたね」

広目「ぞっとしねぇや」

霧野「あちらのとはいえ神童を抜く上に、オリンポスハーモニーか。強敵だな……負けるなよ、神童」

広目「お、蘭丸先輩じゃん。アホどもは大丈夫?」

霧野「ああ、ディープミストで部屋を充満させたからな。暫くは静かだと思う」

広目「うわぁ……」

神代「それにしても、化身使いの方がそろっているのに、化身が出ませんね」

広目「化身は出すと疲れるからなぁ、前半は出さないんじゃないか?」

神代「どうでしょうか。このままだとお互い得点力に欠けますから。番狂わせがそろそろかも知れません」

天音さんへ

雅野「向こうにも心配されてますよ神童先輩。」

神童「あ、俺は今特に異常無いから心配いらないぞ!」

南沢「そうか、向こうじゃ場所が……」

向坂「迂闊にそういうの使わない方が良いのかな、西園がその度に泣くかもしれない。」

真田「というか向坂先輩が言った事が…まさか本当に毎回実況をこの試合してくれるなんて!」

向坂「いやあ、言ってみるもんだねぇ。」

雅野「本当にこの人は……深く感謝します皆さん。」

みなつきさんへ

時任「そうか…だからドイツに。って、女子リーグ設立!?本郷さんが……」

南沢「スポーツニュースでやりそうな程凄い事じゃないですか?そしてあのお姉さん結婚してるんですか、ドイツ人と」

時任「うん、あの頃も仲良い恋人だったけど…やっぱり結婚したんだね。」

神童「手強い、山菜は…大丈夫。俺は負けないよ霧野」

南沢「化身か…全員いい加減出した方がいいか。そろそろ良い時間帯だ」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR