FC2ブログ

バレンタイン、そして南沢の誕生日。

南沢「…………(両手にチョコレートの入ったパンパンの紙袋を持ち)

向坂「凄いですねぇ、全部チョコですか?」

南沢「……これだけじゃない、家にダンボールでいくつも届いて来た…」

天城「滅茶苦茶大量だド、やっぱり誕生日も加わってるせいだド。」

真田「ちなみにさっき神童先輩がトラックを何台も呼んで運んでました、チョコを

南沢「あいつ、チョコの山に埋まっていたよな。

向坂「俺達辺りには永久に縁がなさそうですねぇ、チョコに埋まるっていうのは

雅野「あの、南沢先輩………。」

南沢「ん?雅野…」

雅野「…どうぞ。(手作りらしきチョコレートを差し出す)」

南沢「これは…まさかお前が?」

雅野「……不味かったら捨てていいです」

南沢「まさか、捨てるか。良いバレンタインだ、ありがたく貰っておくからな」

白雪「南沢先輩ー!」(チョコレートを手に南沢へと駆け寄り)

南沢「白雪?それは……もしかして俺にくれるとか、なんて」

白雪「そうです、まさにそうです!貴方へと……気持ちを受け取ってください!」

向坂「うわー、あれは…何か高そうなチョコだねぇ。」

南沢「しかし、もうゴディバのチョコを受け取ってるのにいいのか…?」

白雪「何を言ってるんですか、私は誕生日とバレンタインをチョコ1つで簡単に済ませる女ではありません!」

命「お嬢様…この日の為にそれはもう必死で最高のチョコを撰んでいましたから…」

真田「凄いなぁ、あんなお嬢様からも好かれるなんて…」

天城「白雪って言えば神童に匹敵する程の金持ちだド、専属メイドが7人もいるって話ド」

向坂「で、あの命って子はその1人ですよね。」

白雪「ああ、今日も麗しいあのお方……いつもより光り輝いて見えるのはやっぱり誕生日という特別な日だからかしら…?」

南沢「(全部食いきれるかこれ……)」
スポンサーサイト



非公開コメント

新メンバー陣による遅くなったお祝い

ラフラ「おぉ~!見て見て!チョコがいっぱい!」

葵「あれと段ボールにいっぱい…神童キャプテンはトラックが必要な位もらったんですね…モテるのは話に聞いてたけど…凄いな…。」

半戸「それはそうと……本物のお嬢様見るの初めて!」

横島「ゴディバって高級なチョコだよ!南沢先輩も凄いね!」

ラウド「女子トークそこで終わり―!!初めてなんだから紹介する!」

横島「は~い、スイーツ…特にケーキが大好きな横島みゅうです!どうかよろしくお願いします!」

ラフラ「面白い事大好きの雷轟ラフラだよ~!よろしくね!」

ラウド「そして…こんな姉(うち設定)に振り回されてる雷轟ラウドです。」

葵「…あぁ…天馬達は言ってたけど、私たちは言って無いので…南沢先輩お誕生日おめでとうございました!そしてこれからよろしくお願いします!」

南沢くん、誕生日おめでとう!

鬼塚「ぷぷっ。あそこのおにーちゃん、手にいっぱいチョコレート持っているー!」

笹山「そうだね。良いなー!」

兵頭「流石だな。…それと、真田!俺はお前の活躍もちゃんと亜登呂に聞いたから、安心せい!よく頑張ったぞ!」

鬼塚「監督はバカだから、忘れたんだよ。…あっ、楓野。」

楓野「あっ、楓野。じゃないわよ!一様年上だからね!私。…いきなりで申し訳ないけど、バレンタインだからさ、作ったのさ。ネオテイコクの皆さんに。」

笹山「うちの鬼塚は白竜さんと青銅さん以外は下に見ているからね。僕も下に見られているんだよね。…僕は笹山滝、アンリミテッドシャイニングのMF。」

鬼塚「そうだよ、滝。俺は鬼塚平太、滝と同じチームだよ!ちなみに1年。…美味しそう、何これ?」

兵頭「おお、それは凄いな。あれか、チョコスフレか?楓野さん。」

楓野「うん、初めてだけど、多めに作ったから、皆で分ければ良いなって。(手にはいっぱいのスフレの箱)」

兵頭「そうか。…後南沢、誕生日おめでとうな!用意は出来ずに申し訳ないが、これからも宜しくな!」

天音さんへ

向坂「向こうにも女子チームが出来たんだなぁ。」

南沢「雷轟姉妹にスイーツ好きの1年…うちには居ないな。」

天城「ホント流石南沢だド!いくつか俺は義理を貰ってるけどゴディバなんて貰った事ないド!」

南沢「お前はどっちでも美味いと言って食うだけだろ、あげ甲斐が無い。ま、感謝するよ。これからよろしくお嬢さん方。」

蒼光さんへ

真田「良かったー、僕の活躍も見てくれていた!」

雅野「そして向こうの楓野さんからチョコ届いてますよ。」

時任「チョコスフレか、うん。皆で食べようか。向こうの楓野さんありがとう!」

向坂「うちだとチロルチョコでしたからねぇ。まあ、あれも美味しいけど、うちと比べたら家庭的な人ですよね」

南沢「別に気にしなくていい、お前に誕生日とか教えてなかったしな。ま…こっちこそよろしくって事で」

追加で蒼光さんへ

向坂「そうだ、向こうの監督さんってmixiやってないかな?それでマイミクになって向こうであの先代達が集まっていた場所と似たような所で話せるからどうかなって」

南沢「まあ…やっていてくれていたら、だけどな。」

追加の返事です

楓野「mixiか…、丁度今監督が悩んでいた所なんだよね。やるか、やらないかって。」

大谷「前みたいに皆でお話しか、楽しそう!…今からっていうのは難しいから、落ち着いて多分出来たら、報告をしますので!」

楓野「やれると良いな…」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR