FC2ブログ

何が原因だったのか。

倉間「しかしお前ら、だらしねーな。女相手に引き分けなんて…それでも元シードかよ?」

龍崎「何だと貴様!」

黒裂「まあ、よせ。どうせ出る事も出来なかった力の無い奴には理解出来ない領域だ」

倉間「ああ!?」


雅野「と…此処までバラバラな連中に比べて向こうはまとまってましたよね。」

南沢「だな、チームワークなら向こうの方が上だった」

向坂「というか原因の大半はさ……場所がピンボールだったせいじゃないですか?

「………………………」

南沢「それだな。

雅野「それですね。

天城「だド。

真田「両チーム共にあれに苦戦させられたからそうですよね。

南沢「では原因はピンボールスタジアムのせい、という事で。」


時任「…いや、もっと他にあるでしょ他に…。大丈夫かなぁ」
スポンサーサイト



非公開コメント

試合お疲れさまです!

広目「とりあえず、あれだ。遅くなったけど試合お疲れさま!ってうちの監督が言ってた」

神代「なにせここをチェックした後は大抵バッテリー切れか監督が力つきてますからね……」

広目「バレンタインも何も出来なかったけど、ごめんな!」

宇佐「お詫びというわけではないのですが、クッキー焼いてきたので皆さんでどうぞっ!」

みら「わぁ、クッキーだ!頂きます!」

広目「ウチらの分じゃないわ!ゴッドハンド!」(ゴッドハンドでみらをキャッチ)

神代「南沢さんもお誕生日おめでとうございました、お祝いに是非鯛焼きを……」

広目「なんでそこで鯛焼きなんだ……普通は誕生日のお祝いはケーキだろ」

神代「心外ですね……私は毎年ビッグ鯛焼きにロウソクですよ」

広目「なっ?!マジかよ」

神代「当然、嘘です」

広目「嘘かいっ!」

三国「誕生日か!めでたいな南沢!今年は南沢もHAJIKEYO☆」

神代「……嗚呼……」

広目「きちまった……」
三国「三国太一、ポジションはFWを担当している!よろしく頼む!君も一緒に青春を謳歌しよう!」

広目「どう見てもあんたは謳歌しすぎだぁぁあ!」

No title

南沢「別に気にしなくていいぞ、わざわざ祝ってくれるだけで有り難いし。神代の鯛焼き好きはそこまで行ったか。」

倉間「鯛焼きなら俺はクリームですね、これが美味いんです!」

黒裂「鯛焼きにクリームってなんだ、邪道だな…普通にあんこだろ鯛焼きと言えば。」

向坂「鯛焼きでまで揉めないようにねー。」

神童「そのビッグ鯛焼きの時はあんこなのかクリームなのかどっちなんだろうな…」

雅野「いや、だから嘘って言ってますから神童先輩!」

南沢「そして何があった三国。」

向坂「僕達の知る三国先輩とは違いますねぇ、頭でも打ったんでしょうか?」

神童「それにGKじゃなくてFWに転向って、南沢さんの言うように何があったんですか三国さん…」

向坂「たまには青春を謳歌しようってなったら謳歌し過ぎて戻れなくなっちゃった、て所かな?」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR