FC2ブログ

四天王との戦い、時任信VS龍野寵児 V3

天城「よーし、反撃だド!」

「天城から黒裂へ!」

涼風「行かせられない…!超アイスグランド!!

12-02-27_008.jpg

黒裂「それぐらい破ってみせる!ラウンドスパークZ!!

12-02-06_016.jpg

涼風「うわぁ!!」

「黒裂、涼風のアイスグランドをラウンドスパークで撃破ー!突破だ!」

持国「そこまでよ。」

持国、藤一「サルガッソーS!!

12-02-27_005.jpg

黒裂「ぐあ!し、しまった……!」

「これを止めたのは四聖獣の1人、青龍の異名を持つDF持国と松風や剣城と並ぶ程の雷門1年の天才DF歩須のコンビ!」

藤一「へへ、これで活躍して勝ったりすれば女子達に大モテ…南沢先輩や神童先輩みたいに、ちょっと張り切るか!」(鈴林へとパス)

風乃園「不純な動機だ………実力は確かなんだがな」

神童「鈴林へのパス…これを断ち切る!」(このパスをカット)

「神童、鈴林へのパスをカットした!」

神童「神のタクト!

12-02-11_002.jpg

「神童、早くも此処で神のタクト!一気に相手ゴールへと導きで繋いでいくー!」

天馬「ナイスですキャプテン!」(ボールを受け取る)

南沢「……………(だからこのチームのキャプテン俺なんだけどな…)」

「此処でボールを取ったのは松風ー!突破力なら鈴林にもひけを取らない!」

藤一「お前のドリブルぐらい俺が止めてやるよ!」

「松風に対して歩須が向かって行ったー!!これは雷門1年の天才同士の勝負となった!」

藤一「革命を成功させた中心のこいつさえ止めれば明日から俺は……貰った!かっとび………」

天馬「動機が不純過ぎる奴には負けたくない!そよかぜステップS!!

12-02-27_024.jpg

藤一「うわああ!?」

「松風、歩須のディフェンスを突破したぁー!!」

風乃園「…だろうと思った。」(突破した直後の天馬に近づいてボールを奪取)

天馬「あ!」

「おっと、これは!突破したその瞬間を狙って風乃園が松風からボールを奪い取ったー!これが四天王、数々の突破とシュートを弾き返し続け鉄の壁と呼ばれる風乃園清羅香だ!」

龍野「それぐらいで攻略される程甘い鍛え方はしていません、……次はどうします時任?」

時任「……………」
スポンサーサイト



非公開コメント

今回も実況!

信助「…ってな訳で!今回も僕西園信助と!」

洞沢「洞沢秀二が実況するよ。」

天馬「メンバーについては相手はかなり強者揃いだな。…そして雅野が怪我で出れないみたい…。」

信助「そんな中で始まった試合…いきなり鈴林がドリブルで上がる!天馬と神童キャプテンが止めに行くが、聖獣の増長先輩が高くジャンプしてシュート!しかし天城先輩がシュートブロックで止めた!」

円堂「やっぱり四天王だけじゃなく他の選手たちにも気をつけなきゃダメとなってるな。」

洞沢「そしてクロ先輩と日景が技の競り合い!それを制したクロ先輩だけどサルガッソーで止められる!」

天馬「あれ…他の人達あだ名で呼ばないんだね。」

洞沢「親しくない人にあだ名は失礼だからね。」

信助「その後鈴林へのパスをカットする神童キャプテン!そして神のタクト発動!ボールは向こうの天馬へ!DFの歩須が向かうけど、天馬がそよ風ステップでかわす!しかしその直後風乃園先輩がボールを奪う!…とまぁ…試合は今のところこんなところだけど…」

洞沢「あのDFの歩須って人はかなり動機が不純だね。」

天馬「モテたいって…サッカー好きだからじゃないのかな?」

円堂「う~ん…その辺はいまいち分からないな…。」

浪川「よくまぁ…あんな下らねぇ理由でサッカーやろうと思ったな。」

洞沢「天ちーと若い円堂監督はともかく…ナミー先輩も意外にサッカーに対して本気だしね。」

浪川「意外にもって何だよ!!意外にもって!!」

バースフリュゲン観戦中の会話

神童「ネオテイコクの実力はすごいものだと思っていたが…さすが四天王簡単に突破は許さないか」

天馬「四天王以外のメンバーも凄いですよ!」

吉良「しかしあの歩須といったか…サッカーやってるのがモテるためとかプレイヤーの風上にもおけないぜ」

青山「円堂監督にもそんな友人がいたと聞いたな…それを言ったら、どこかの誰かさんみたいに内申点だけのためにサッカーしてるのは動機が不純じゃないのか?」

三国「それは…どうだろうな」

天音さんへ。

雅野「本当にあの歩須って奴は…不純な動機だな。」

時任「けど、その才能は凄い。それは間違いないんだよね、勿体ない事に」

向坂「まあそりゃ男ならモテたいとか思ってやっても不思議じゃないよねぇ。あっちみたいに真っ直ぐなのが居ればうちみたいにねじ曲がってるのも居る事だし」

真田「ピンと真っ直ぐな向こうの選手にこっちの歩須は…ぐねぐねに曲がってないですか?」

向坂「ぐねぐねだねぇ。」

花澄さんへ。

黒裂「く……なんというDF力!四天王と呼ばれるだけの事はあるらしい…。」

御門「早くボールを回して来い!そうすれば俺が…。」

龍崎「これ以上あいつら、というかモテたい為にやってるふざけた1年に負けられるか!」

向坂「動機が不純ですよね、南沢先輩?」

南沢「………ノーコメントで。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR