FC2ブログ

四天王との戦い、時任信VS龍野寵児 V7

「さあ、再び攻め込むネオテイコク!」

鈴林「これ以上調子には乗らせないよ~!クレイジーサンライトV4!!

12-02-27_014.jpg

「此処で鈴林が奪ったー!此処から再び突破率100%近くのドリブルで攻め込む!」

露原「させるかよ…!」

鈴林「あんたに一体何が出来るって言うのさ~、控えじゃ私は止まんないよ!」

露原「お前の動きはベンチでずっと見てたんだよ、予想通りの動き!」(鈴林のフェイントに惑わされず付いて行っている)

鈴林「っ……!」

露原「貰ったぜ!」(スライディングで鈴林からボールを取る)

鈴林「ああ!」

「止めたー!露原、鈴林の100%に近い突破を止めたぁー!!」

千宮路「所詮100%はフットサルの時の数値、サッカーまでそうだと思ったらデカい勘違いだな。」

「鈴林を止め、これでは四天王最強のシュート力を誇る火柘榴へパスが行き難くなる!」

火柘榴「ぐ……!」

御門「今流れはこっちだ!黒き翼レイブン!!

12-02-08_003.jpg

「御門、化身を出して攻めるー!!」

風乃園「……その流れで私達の牙城は崩せん、竜騎士テディス!!

12-02-27_018.jpg

風乃園「ドラゴンストーム!!

12-03-01_001.jpg

御門「!?うおおお!!」(テディスの強風で吹き飛ばされてしまい)

逸見「うわあああ!!」(巻き添えを喰らって吹っ飛び)

「風乃園、帝国のストライカー2人を纏めて吹き飛ばして止めたー!!鉄の壁健在!」

逸見「ぐ………。」

「おっと、これは…逸見肩を負傷したか!?フィールドで肩を抑えて倒れたまま動けず!」

時任「!倉間、準備して!」

倉間「あ……はい!」

逸見「畜生…何も出来ないまま交代なんて何してんだよ俺…!」

南沢「いいから引っ込んでろよ。」

真田「南沢先輩!?そんな言い方……。」

南沢「お前の分まで得点しといてやる。」

逸見「!…………任せましたよ、先輩。」

「さあ、此処で負傷した逸見に代えて倉間が入りました!」

神童「此処は勝つ!奏者マエストロ!!

12-02-08_008.jpg

神童「ハーモニクス!!

12-02-11_001.jpg

山薫「クリムゾンスフィア!!」

12-03-01_003.jpg

12-03-01_004.jpg

「山薫2本続けて化身のシュートをストップー!風乃園をかわしてシュートしても山薫を破るまでには至らない!」

涼風「こっちです…!山薫先輩!」

「ボールは山薫から涼風へ!鈴林が封じられてる今どうするのか!?」

涼風「此処はもうこれしかないでしょう!精鋭兵ポーン!!

12-02-27_010.jpg

「涼風も化身を此処で出したー!!後半も残り僅か、此処で勝負を一気につけるのか!?」

天城「あいつは俺が止めるド!!番人の塔ルーク!!

12-03-02_001.jpg

「!?なな、なんと天城も化身ー!何時の間に出せるようになったのか!」

涼風「これで突破させてもらいます!マシンガンビート!!

12-03-02_004.jpg

天城「1年の後輩に突破は簡単には許さないド!ストロングタワー!!

12-03-02_003.jpg

涼風「うあああーー!!!(強力なエネルギーの塔の前に吹っ飛ばされ)」

「これは天城に軍配ー!涼風の化身による突破を見事に阻止した!」

天城「皆、時間がないド!早く風乃園と山薫の牙城を崩すド!」(神童へとパス)

神童「はい!……どうやれば崩せるか、けど時間がない……神のタクト!!

12-02-11_002.jpg

「神童、何と本日3度目の神のタクトー!!再び導かれるがままに攻め込む!!」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR