FC2ブログ

大人は大変。

真田「時任コーチ、葱野さんに挨拶行くとか出来ないですか!?」

時任「いや…疲れてる時にそれは悪いと思うから、あまり無理はさせられないよ。戦いは始まったばかりだし」

雅野「まあしょうがないか…」

楓野「あ、先生ー。来てたんだ?」

時任「楓野さん!?あ、貴女も試合見に来てたんですね…僕はまあ……参考にと。」

楓野「つまりは授業だね、じゃあ何か終わってるように見えるし。飲みに行こうか先生。」

時任「え…!いえ、あの……ちょ…ですから僕は何度も言ってるように先生じゃなくてぇぇぇ!!」(引っ張られて時任その場から退場)

白雪「あの強引さ……私も見習うべきかしら。南沢先輩は強引な女とかどうなんだろう…」

命「全てはお嬢様の信じる道を…。」

向坂「大変だねぇ、時任コーチ。」


そして居酒屋

時任「ほんろ、もう怪我がなかっらら僕もあのばひょにー…あー、成神と葱野と明井戸が羨ましいぃー!」(すっかりと泥酔状態)

楓野「それは辛いよねぇ先生、やっぱ自分だって行きたかったよね…こっちビール大ジョッキ追加ー!」



翌日

神童「あれ、時任コーチは?」

南沢「教えてもらえるような状態じゃないから帰らせた。

向坂「何か前にもありましたねこれ。

雅野「大人は色々大変ですねホント。
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

原野「うわぁ、完全にうちの楓野さんじゃないですか!?」

佐田「だが、本人は…」

楓野「私聞いてない聞いてない見てない(混乱している)」

原野「混乱しても無駄ですよ……でも時任さんてお酒が飲めるとは思いませんでした。」

佐田「だな、俺様絶対お酒はダメなほうかと思っていたぜ。」

楓野「これだからガキは…お酒はねぇ凄い美味しいのよ?分からないなんて…」

原野「うちらはまだ未成年なんですっ!…後大谷さんから、大根の蜂蜜付けを貰いました!」

佐田「俺様にか?やったぜ!」

原野「いいえ、本当は楓野さんにあげるものなんですが、酔っぱらってないので、時任さんに上げます。」

楓野「あれ美味しいよね、いつもこれにお世話になってるわ。」

佐田「俺様も食べたぜ、何個でもいけるぜ!」

楓野「この大根付けを良かったら時任さんに食べてね。…お酒もそこそこにね!…人の事は言えないけど…」

No title

向坂「時任コーチー、大根の蜂蜜付けが届いてますよ。」

時任「あ、うん。大谷さんに感謝しないとね……そりゃあ僕も25の大人だからお酒ぐらい飲むよ。」

向坂「見えませんけどね。葱野さんの方が相当見えなかったですけど」

南沢「雷門の1年に見えてもおかしくないよな、葱野さんなら。」

時任「10年経って小学生から中学生にやっと上がったか葱野…。お酒はホントそこそこにしないとね、ありがとう向こうの楓野さん」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR