FC2ブログ

悲しき強豪チーム、タナトス。(イメージBGM;負けられない戦い)

時任「しかし……きつい戦いになりそうだね、先ほどの試合で結構消耗しているから…。」

千宮路「奴らの事だ、その機会を狙って挑んで来やがったんだ。」



「今ならネオテイコクは消耗している、倒す事など雑作も無い。」

「そしてタナトスは優秀なプレーヤー揃いで疲労もしていない…これは結果が明らかだな」


和泉「…せめて対等にやりたかったよ、こんな状態で勝っても意味なんかない…!」

鎖「先輩達。……勝たなきゃ意味が無いんですよ。綺麗事を言ってる場合じゃないと思いますが?」

伊矢部「そうだな、勝つ………勝ってそして……救い出さなければ…」


逸見「ただでさえ聖堂山や木戸川のあいつらは強いというのに、これで……流石にきつい…」

向坂「けど、やるしかないよねぇ…」

「………おい…使え…」

時任「!?………これは……ゼロスプレー?」

南沢「何でこんな所に…」

火柘榴「お前達、今なら奴らには気づかれない。こっそり使え!」

風乃園「と言いながら声がデカいぞお前、バレたら貴様のせいだ。

御門「お前達は…四天王!?」

黒裂「何故お前達が此処に居るんだ……」

鈴林「まあねー、見ている側からすればこんな不利な所で試合しての一方的弱い者イジメな試合っぽいの見たくないんだよねぇ」

火柘榴「お前達はこの四天王に土をつけたチーム、こんな所でつまらん敗北など俺が許さん!」

山薫「……………この試合は万全でなければ……あのチームに太刀打ちは出来ない……」

神童「感謝する、四天王の皆。これで……対等だ。」

龍野「…タナトス。このチームに縛られた鎖を解く必要もあります」

時任「龍野…あのチーム、フィフスセクターが差し向けて来たタナトスって…」

龍野「…分かってるみたいですね。彼らは全員脅されて結成されたチームです。」

時任「やっぱり…何か見た限り自分の意思で此処に居るとは思えなかった。無理矢理やらされているような感じがしたから」

龍野「かなり粘って調べた所、ある1人がこう脅されてるのを聞いた人が居たみたいです。……「拒否すればお前の家族を皆殺しにする」と」

時任「!!そんな脅迫を中学生に……」

龍野「苦労しました、聞いたその人もまた言うなと脅迫されていましたからね。…そしてそれがフィフスセクターの元幹部連中が向かわせた者というのも掴んでいます」

時任「…フィフスセクターは皆に平等なサッカーを、幼い時に一つのボールでサッカープレーヤーの未来を断たれた千宮路大悟の設立した組織…でも、今度はそれが第三者によって再び作り出されようと…」

龍野「けど、その幹部連中がそんな悲しき過去を持っての理由での再建とは思えませんね。……ただの私利私欲で作られる、前よりもっと酷い組織になりそうです」

時任「…黒幕が目の前に居なくて良かったよ。もし居たら……自分の中の黒い感情が爆発していたかもしれない」

龍野「……勿論その黒幕、幹部達もこのまま野放しにする気など更々ありません。しかるべき罰を受けなければならない」


時任「さあ…行こうか、タナトスは聖堂山と木戸川の2チームを中心としたチームでかなりの強豪のはず…」

向坂「うん、行けますよこれなら。全然行ける」

雅野「向坂先輩、前の試合ほとんど消耗無しでしたよね?

南沢「流石フィフスセクターの編み出したスプレーだな。最高の回復力を誇る…行くとするか。」


「さあ、まさかの2試合目となりました今回!ネオテイコク先ほどビッグサンダーを大差で下したばかりで大丈夫か!?今回の相手はタナトス、主に木戸川と聖堂山の選手を主力としたチーム構成となっています!」

「そのタナトスのスタメンです」

12-04-07_001.jpg

キャプテン 鎖

「一方のネオテイコク、先ほどのスタメンと全く変わらず!」

12-04-02_014.jpg

キャプテン 南沢


真田「どうなっちゃうんでしょう、この試合……。」

雅野「ただ言える事は、負けたら全てが終わりだ。…今までの試合以上に負けが許されない。」


鎖「……勝たないといけない……なんとしても…絶対に…!」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

五色「そんな……先輩達や女の子達…そんな酷い脅しをされて…。」

ディアム「何処までも腐りきってる。中学生にあんな事言うなんて…。」

逸見「もし俺があいつらの立場になったら……きっと躊躇い無く従う…それが例え悪になるとしても…家族を護るために…。」

五色「逸見……。…けど四天王の皆がゼロスプレーを持ってきてくれなかったら…ネオテイコクは圧倒的不利でしたね。」

ディアム「…これで互角で戦える…。…この試合は今まで以上に激しくなるね……。」

逸見「…そうですね……。」

No title

龍野「腐ってますね、とことん。取り返しがつかない程に」

時任「……………」

龍野「時任?」

時任「今までで一番許せない、子供を脅迫するなんて…!」

龍野「…同じくです、ただ先ほど言ったように野放しにするつもりは全くありません。…絶対にその重い罪を償ってもらいます」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR