FC2ブログ

その頃……。

とある建物の一室。

「!これは…………なんて事……!」



同じ建物の会議室。

「ふん、1点は取れないか。まあ時間の問題だな、押している…」

「これでフィフスセクターは復活、そしてタナトスにはこれからも働いてもらうとしよう。」

「ああいう事を言っておいてとことん使うのか、悪い奴め。」

「ハハハ、人の事が言えるのか?これで我々は元通りの暮らしが出来るというものだ。奴らはその為の駒に過ぎん!」

ドガァッ(ドアをぶち破る音が響き渡り)

「!!な、何だ!?」

栄田「何処までも腐りに腐り切った連中だな、警察だ。」(栄田を先頭に次々と警官達が入り込み)

「何ぃ!?け、警察……何故此処が……!」

栄田「フィフスセクターの元幹部達、拉致監禁にそして脅迫の容疑で逮捕する。」

「そ、そんな……何の話だ!?」

栄田「今更恍けるな!もう全部分かってるんだ、さっきの会話も録音させてもらった。」

「!!!!うおおーーー!(パニック状態になって幹部達が逃げようとする、が警官達が素早く残らず取り押さえる)」



栄田「午後3時58分、犯人逮捕。………これで後は……!」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR