FC2ブログ

ジーン、チョウテイコクから追放!?

成神「…今回は、これ…やっちゃったっスね…。」

時任「で、でも…これは全然条件違うから!というかノーカウントになったはず…。」

ジーン「悪い、油断したみたいだ…。取れるって思った!」

葱野「僕も取るだろうなと思ったんだけど、ってさりげなく此処に初めて来たね!?」

明井戸「………………あんな無様な醜態晒しといてよく顔出せたな木偶の坊?

時任「お、怒ってるー!相当怒ってるよ明井戸!」

ジーン「次は…大丈夫だ!次は絶対許したりしないぞ!?」

明井戸「…次、次って…お前自分のポジション分かってんのか!?守護神は…一度のミスも許されないんだよ!1点取られたらそこで終わり、なんて試合は沢山ある訳だ。…お前はもういらねぇ。」

ジーン「!?」

葱野「明井戸先輩!?そんな、そこまでしなくても…!」

明井戸「プロ並の図体しておいて易々と失点するような柔なGKは必要ないんだよ。得意のグレートバリアリーフも錆び付いちまったせいなのかあのザマだったし…だからジーンはもうチームに必要の無い男って訳だ。」

成神「……2軍どころかチームを辞めるんスか、それは……。」

時任「でも!彼もここからまた成長すると思うし!これぐらいでいらないなんて言わないでも…!」

明井戸「もう使う気は無ぇよ、用無しだ。」

時任「っ………明井戸!頼むから…オーガ戦!オーガとの今度の試合で彼を出して!それで無失点だったら…このまま置いてほしいんだ!」

ジーン「!と、時任……?」

時任「キミも…このままでいいのか!?オージー最強のGKだろ!このまま言われてるだけで終わる気!?」

ジーン「っ…!……………明井戸、頼む。オーガとの試合出してくれ。これで駄目なら…俺はチームから去る!」

明井戸「…………………。」

葱野「明井戸先輩!お願いします!」

成神「……此処まで言われて、断るなんて言えないでしょ?」

明井戸「………………。」

時任「明井戸………。」

明井戸「……分かったよ、それで良い。」

葱野「!?や、やった!ホントですね!?」

明井戸「でも、これで駄目だったら…次は無ぇぞ?」

時任「い、良いんだね!?オーガとの試合で彼が出ても!」

ジーン「……よし、オーガとの試合は……任せてもらおうか。」

アツヤ「…何か俺らの知らない間に凄ぇ事になってるぞ!?」

亀石「あはは~、こういう事があったからジーンが守ってるんだね~?オーガとの試合で~。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR