FC2ブログ

悲しき強豪チーム、タナトスV7。 解決。

鎖「まだだ!もっと攻めるんだ!攻めないと……勝たなきゃいけないんだ!」

和泉「分かってる!俺達は勝つしか……」

天馬「凄い気迫……だけど、その分苦しくサッカーをしてる……」

神童「…ああ、そうだな。今のあいつらは強いけど、苦しみながらサッカーを、ボールを蹴ってる。」

日向「あ!」(ボールを零してラインを割る)

時任「もう、両方とも疲労が……!」

龍野「……まだですか…………」


「おーい!!」

南沢「ん……なんだ?」

呉井「!あ、あれはまさか………」

和泉「え……」

(そこにはタナトスの家族、そして仲間達の姿が)

前島「お母さん!」

マーダー1「おお!?仲間達!お前ら無事だったのかよ!?」

鎖「え………?」


栄田「間に合った………。」

龍野「栄田、その様子だと…成功しましたね?」

栄田「はい、奴らは残らず逮捕しましたよ。…そして幹部達によって監禁されていた家族も救い出しました。」


南沢「どういう事だ、これ…?」

神童「…つまり…タナトスは家族をフィフスセクターに人質にされていてそれで……。」

時任「そういう事だね。…キミ達とタナトスが試合してる間隙をついて救出していたみたい。」

龍野「自分達がどうなるかも知らずに呑気に高見の見物、馬鹿にして愚かな連中です。」


栄田「さて、鎖富頼君…だったね?」

鎖「……刑事さん、家族は!僕の……妹は無事なんですか!?あの子は身体が弱いんです!」

栄田「……安心して、病院に居て命に別状は無い。無事だよ……」

鎖「!!本当ですか……」

栄田「…行ってあげて、妹さんはキミに会いたがってる。」

鎖「っ………うっ……ぐ……ありがとう……ありがとうございます……!!」(涙を流しながらお礼を言えば病院へと駆け出し)

(そして再び出会えた家族、涙を流して喜び)

真田「うっ……良かった……本当に良かった……」

雅野「事件解決、だな。」

「え、えー……これはどういう事に……」

向坂「あ、おしまいですよおしまいー。試合終了ー。ドローって事で」

南沢「何か珍しいな。ドローだけど…完勝した気分だ。」

真田「皆喜んでますし、ハッピーエンドですね!」



栄田「ああ、ちなみに…雷門に仕掛けられた爆弾ってあれは嘘だったみたいです。」

時任「嘘…だったの?」

栄田「爆弾処理班が隅々まで調べてましたが無かった、という報告でしたから」

龍野「ただのハッタリですか。…まあ、良かったです」

栄田「じゃ…俺はこれからまた仕事があるので失礼します。」

時任「栄田ありがとう、……キミが居なかったらどうなっていた事か。」

栄田「俺は1人の刑事として当然の事をしたまでです。」

龍野「…大変ですね、大事件の後にまた仕事とは」
スポンサーサイト



非公開コメント

再びウェイクフラワーの実況 後半編

椎名「もう…後半はもう始まって早々化身がたくさん!そして雅野君が化身合体で円堂さんも使う魔神グレイトを呼び出し、がっちりシュートを止める!」

縁帽「間違ってはいないけど相変わらず結構省略したね~。」

喜多「…お互いの体力もかなり限界となったその時…タナトスのメンバーの家族や仲間の方々が会場に!…これによって試合は中断で結果引き分けで幕を閉じた。」

ディアム「だけど幹部達も全員捕まって、家族の人達も無事に助けられたし…ハッピーエンドって事でいいでしょ?」

逸見「そうですね…。ってか爆弾とかあれ嘘だったのかよ…」

五色「心臓に悪い冗談だな…けど…皆本当良かった…。」

喜多「うん。ネオテイコクの皆…そして警察の皆さん…お疲れ様。」

No title

向坂「どうもー、皆さん無事終わりましたー。実況感謝してますよー」

南沢「俺達が戦ってる間に警察動いていたんだな。」

雅野「けど、よく突き止めましたね…流石警察ですか?」

時任「ああ、あれ…龍野の方で場所を突き止めてそれを栄田に教えたんだって。」

南沢「やり手の若社長と警視庁の若きエースの連携ですか…それはもう逃れられない。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR