FC2ブログ

VSオーガ3。

さあ、ザゴメルが止めてキックで中盤へとボールが行った!

時任「っ!」

これは早い!そして機械の如く正確なパスワーク!オーガ攻め込んで行く!

舞「(今だ…!)(ラストパスをカット)

あー!唯一の大人である館野舞が奪い取った!そしてすかさず前線へと蹴る!

成神「やっぱ味方だと頼りになるな、あの人って。」(ボールを持つ成神)」

今度はどう攻める成神、2人のワンツーを警戒してかマルコは今度はマークされているぞ!?

成神「そりゃ、こうするまでだよ!」(そのままドリブルで中央から攻め上がる)

ドラッヘ「ぬ…図に乗るな小僧!パワーチャージ改!!」

成神「真イリュージョンボール!」

11-01-02_013.jpg

ドラッヘ「うお!?」

ドラッヘの突進を見事かわした成神!そのまま中央突破!

成神「それ!」

葱野へのマークが未だきつい中再びアツヤへとパスを出した!今度は決めるか?!

アツヤ「撃ちたいけど……任せた。」

あーっと!アツヤ撃たない!?これはスルーした!

バーン「よーし、いいパス来たぜ!」

そこに居たのはバーンこと南雲だー!今度は彼がシュートか!?

バーン「アトミックフレア!!」

10-05-03_004.jpg

灼熱の炎のシュートがオーガを襲う!!今度はシュートブロックが間に合わない!

ザゴメル「そんなものいるか……ニードルハンマー改!!」

11-01-02_002.jpg

(豪腕でシュートを殴り、そしてキャッチ成功)

なんと止めたオーガGKザゴメル!シュートを弱めるまでもなく止めてしまった!

ザゴメル「さあ、そろそろ得点と行こうか!?」(前線へと一気に蹴って送り)

ミストレ「そうしようか……覚悟しろ、デススピアーV2!!」

土門「っと、させないぜ!ボルケイノカットV2!」

11-01-02_004.jpg

ミストレの槍の如く鋭いシュート、デススピアーが飛び出したー!しかし土門もボルケイノカットでブロック!あ、だがボールは未だゴールへと向かっている!!

時任「!ジーン……!」

ジーン「真グレートバリアリーフ!!」

11-01-02_017.jpg

ガッチリと止めたジーン・ベイカー!こちらもゴールは割らせない!

時任「やった!ジーン、その調子!」

明井戸「…弱ったシュートぐらい止めてくれなきゃ困るっつーんだよ…入らなきゃまあいいか。」
スポンサーサイト



非公開コメント

遅くなりましたあけましておめでとう!

円堂「あけまひておめてとうございら~す(何か顔赤い)」

吹雪「キャプテン?…ダメだ甘酒でも酔ったみたい」

不動「何で!?ったくこいつは…」

円堂「~ふろ~…(眠くなって不動に抱きつくように寝だした)」

不動「こら~!俺はお前の枕じゃねぇぞ!!」

吹雪「お正月という事でこうなったみたいだけど…それで今回はどうするの?」

不動「まぁ…今回は無事オーガクリアしたと映画見たの報告だ。」

吹雪「他の進んでいる人達からしたら今更って思われるけど?」

不動「そうだけどな…それで今天界や魔界…更にオーガ達に立ち向かうために強者を集めたスカイアリアのメンバー収集中だ。」

アレックス「それで俺はコールされたのか?」

エステバン「普通に呼ばれたでいいじゃんか?」

ドモン「ってか円堂酔ってるけど大丈夫か!?」

フィリップ「ここは酔いに聞く料理でも…って材料無い!!」

吹雪「はい♪そんな訳で来てくれた新メンバー達で~す!」

不動「なんか見た事ある奴等ばっかだな…」

ドモン「…不動…何でその体勢で落ち着いんだ?」

不動「もうこんなんばっかされりゃあ慣れるわ!!」

エステバン「俺と土門は守備、アレックスとフィリップは攻撃の要としてこのスカイアリアに呼ばれた。」

アレックス「いや待て!俺はGKだからな!」

フィリップ「ガード低い奴がGKって言ってもな~…。」

ドモン「まぁ否定出来なきゃな☆」

アレックス「ドモン!お前だけでもフォローしてくれ~!!」

エステバン「…で…映画見たって話はどうした?」

不動「あっ…あれ見て感想は…吹雪達の登場シーンが最早戦隊物で笑うの堪えるの苦労したって言ってた…」

吹雪「僕も気合入ってたね~♪…それじゃあこのへんにする?」

不動「(円堂を持ち上げ)…ドモン…運ぶの手伝ってくれ。」

ドモン「あぁ… (円堂の足持って)」

フィリップ「あっ!それじゃあ今回はここまで!それじゃあ!」




あけおめです!

明井戸「おい、あっち…ベロベロに酔っぱらってんじゃねぇか一人。」

葱野「甘酒ってそんなに酔うお酒でしたっけ?」

時任「さ、さあ…?」

成神「あ、ついにオーガクリアして映画も見たっスね向こう。」

アツヤ「すっげぇな…各国のチームからメンバーが撰ばれてるぜ?」

成神「確かに登場シーン、戦隊のようだったっス。」

葱野「その場合誰がレッドで誰がブルーだろ?」

明井戸「あー……ヒロトじゃねぇの?」

時任「それ髪の色だけ見てそう思ったよね?」

明井戸「ちなみに俺だったら、ああいう登場だったら助けには行かねぇ!」

成神「あんな登場を明井戸先輩がしたら試合する前に既に戦意喪失状態っスよね。高所恐怖症だから。」

明井戸「…あいつらよく怖いと思わねぇよな、化け物相手でも…小学生まで一緒になって試合してるし。」

アツヤ「ああ、後…アメリカのサブGKは正GKと比べて確かにガードが低かったっけ。明らかにFW向きだったぞ。」

時任「向こうはこれから手強いチームに挑もうとしてるんだな…僕達もオーガ戦頑張ろう、それじゃあ今年もよろしくお願いします!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR