FC2ブログ

最大のライバルとの戦い!ネオテイコクVSタナトスV14

「延長前半が終わっても0-0!試合は既に後半へと入り、終了の時間は刻一刻と迫る…はたして決着は着くのか!?」

白竜「しぶといヤツらめ!ホワイトハリケーン……」

神童「ディープミストS!!

12-06-01_020.jpg

白竜「ぐ!?この、またしても…!」

「神童、白竜のシュートを撃たれる前に阻止!」

シュウ「させないよ…バニシングカットGX!!

12-05-31_034.jpg

神童「っ!しまった…!」

「しかしシュウがすぐにボールを奪い返し!」

シュウ「ブラックアッシュGX!!

12-05-31_010.jpg

12-05-31_009.jpg

真田「破られるものか!アトランティスウォールGX!!

12-06-01_004.jpg

「な、なんと!?真田まで天城と同じアトランティスウォールを使ったぁー!!」

神童「一気に行くぞ!神のタクト!!

12-02-11_002.jpg

「そしてすぐに神童が神のタクト!!この奇襲にタナトス絶対障壁を出せないー!」

南沢「これでやってやる…!?」

和泉「此処は、通せないですね!」(南沢へのパスをカット)

神童「!?」

「なんと!?和泉、神童の神のタクトを見切ったー!神のタクト破れたり!」

天馬「そうはさせない!!バニシングカットGX!!

12-02-27_023.jpg

和泉「な!?」

「おっと、これを松風がすぐにボール奪取!さあ今度こそ天才GK鎖からゴールを奪えるのか!?」

天馬「行くぞぉ!!」

鎖「来なよ、主役だからって最後カッコつけさせないよ!」

ピィー。

「え?あ……試合終了ー!シュートを撃つ前にホイッスル吹かれました!」

天馬「え…え!?終わり!?」

鎖「なんだぁー…」


時任「終わった…ね。」

明井戸「…あのラストゲームに続いてまたドロー。お前とマジで争うとこうなる事多いもんだな。」

時任「そうだね、でも…キミがプロ行っちゃったからこういう事はもう2度と無いのかと思ったら人生分からないもんだよ。」

明井戸「まーな、けど気軽にはもうお前と戦う事は出来ねぇ…ああいう3試合の出場停止でも無い限りは。」


向坂「終わったかぁー、長過ぎだよタナトスとの戦いはー。」

跳沢「こっちの台詞だっての。延長まで行くとは思ってなかったぞ!」

神童「けど…全体的に見てこっちが負けてもおかしくなかったな、パワー、スピード、テクニック、全部向こうが上回ってたし…。」

向坂「まあまあ引き分けちゃえば俺達同じ力って事でしょー。」

鎖「押してたのこっちなのに実力同じにされるのは不満かなぁー。もう一回やる?

天馬「あはは………流石にお腹一杯だから今日はいいや。
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

天馬「…もう凄かった…そんな延長戦の実況お願い!」

洞沢「はいな~。始まって早々ボールを奪い、ロングシュートに2連続チェインでゴールを狙いが、GKがっちり止めた!そして向こうは強力必殺技の連続チェインでゴールを狙うがネオテイコクのDF陣がガッチリ止めた。けど再び向こうの雨みーがボールを奪い、単体シュート!みーやがっちりと止めた!」

狩屋「絶対あれはブロック無しで止めるのキツイよな…。」

信助「そして延長戦後半に突入し、白竜が攻めようとするが神童キャプテンが止める!けど向こうのシュウにボールを奪われシュート!だけど真田君のアトランティスウォールで完全ブロック!!神のタクトで攻めようとするが破られても、向こうの天馬が奪い返しゴールへ向かう!…っと言う所で試合終了!」

剣城「今回はかなり白熱した試合だったな。」

天馬「うん!…けど…あんな凄く動いて疲れてる筈なのに何でお腹いっぱいなの?」

剣城「要するにその位満足してるって事だ…。」

天馬「あぁ~なるほど!…あっ…何はともあれ…両チームともお疲れ様!」

No title

鎖「どうもー、とりあえずねぇ。タナトスはネオテイコクより強い!と理解してくれれば僕はそれで良いよー。」

南沢「…おい、聞き捨てならないぞ。」

鎖「あれー?やっぱり第2ラウンドと行きます?」

向坂「もう疲れたからやだー。」

真田「確かにタナトスと何度もやるのは身体が持ちそうには…。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR