FC2ブログ

ロボットとの戦い。

向坂「さあ、楽しいゲームの始まりだ…ボールはあげるよ。」(ピィーっと笛を吹き鳴らす)

黒裂「ロボット相手でもサッカーなら負けはしない!」

ロボット4、5「「ビッグシザース」」(黒裂を挟み込むようにしてスライディングで襲いかかり)

黒裂「それでどうにか出来ると思ったか…ラウンドスパークZ!!

12-02-06_016.jpg

倉間「よし…こっち!」

黒裂「分かった!」(倉間へとパス…が、ロボット2にカットされ)

南沢「…読まれたか…!」

向坂「丁重に扱わないとねぇ…壊したらあの人に怒られる。」

(ロボット2から4へとパス)

ロボット4「「真疾風ダッシュ」」」(目にも止まらぬ速さでゴール前へと一気に上がり)

真田「来る……!」

ロボット4「「超ファイアトルネード」」(強力な炎を纏ったボールを空中で回転しながらのシュート)」

真田「これは任せて!アトランティスウォールGX!!

12-06-01_004.jpg

真田「これで…南沢先輩!」

南沢「……最後のパスが読まれる、ならこうだ。魔戦士ペンドラゴン!!

12-02-06_017.jpg


(化身を出して南沢が次々と突破していき)

南沢「1点勝負なら、最初から100%のシュートで決めるまでだ。ソウル・ブリンガー!!

12-04-09_015.jpg


12-02-06_022.jpg

ロボット1「「極無頼ハンド…………」」(黒い巨大な両手でシュートを挟み込むようにキャッチ、がその手を弾き飛ばしてロボットごとゴールに突き刺し)

真田「やった決まったー!」

倉間「よし!さあ、向坂。約束通り教えてもらうぜ!」

向坂「ふう、所詮機械はこの程度かぁ。」

南沢「まず……あの手紙、お前が本当に思って書いた事か?全てを滅茶苦茶にするとかいう」

向坂「ああ、ホントですよ。前から思ってたんですよね、もううんざりだって。だからもういいかなって。」

雅野「その為にお前……神童先輩達を…!」

黒裂「待て、神童達は……お前は居場所を知ってるのか?」

向坂「知ってる知ってる、だって…俺達と一緒だからね。」

雅野「な!?」

南沢「俺達……。向坂、お前にそのロボットを与えたのって…誰だ?一体誰と行動してるんだ。」

向坂「そこから先はゲームクリア以上の報酬なんで答えられませんねぇ。そういう訳で!」(後ろにあった隠し扉から逃走し)」

倉間「あ!待ちやがれ!!」(メンバーもすぐに後を追う)

南沢「この建物がこんな仕掛けをしていたとは…!」

雅野「居た!向さ…………!?」

神童「…………(赤い車の前に向坂と共にそこに立っており)」

黒裂「神童!?」

真田「神童先輩……無事だったんですか!」

雅野「皆探してましたよ、帰りましょう。」

神童「…帰る?何処に?」

真田「何処にって…僕達の所ですよ!?同じチームメイトの所の!」

神童「……お前らはチームメイトでも………仲間でもなんでもない。」

「!?」

倉間「神童!?…向坂ぁ!てめえ何しやがった!」

向坂「…………神童。」

神童「ディープミストS」(辺り全体を霧で包み込み、その間に2人は車に乗り込んで)

雅野「っ……何も見えな……………!?」

(その時一瞬雅野と運転席に居た血のように赤い髪の男と目が合い、赤い車は走り去る)」

南沢「…………やっと晴れたか…。」

倉間「っ…逃げられた!」

黒裂「……車のNo.なら抑えといた。」

真田「本当ですか!?これは大きな手がかりです!栄田さんに渡せば…!」

黒裂「…ただ、向こうもNo.抑えられる事が想定済みだとすれば…」

倉間「とりあえず何も無いよりは良いだろ。」

雅野「……今の男の目…。」

南沢「どうした、雅野?」

雅野「……運転席に居た男……狂気に狂ったと言うべきか、そんな目をしてました……。とても危険な…」

南沢「………運転席?お前よく見えたな。…そいつがもしかして黒幕か…もしくはただの下っ端か。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR