FC2ブログ

万能坂へ。

露原「はぁっ……相変わらずきつい坂だなこれ!

雅野「万能坂は学校までの距離が凄く長い…これで足腰を鍛えているんだろ。」

倉間「…けど、その努力もそいつらには通じなかったんだよな…。」

南沢「……やっと着いた……此処か。」

真田「えーと、あのーサッカー部マネージャーの方を探してるんですけど何処に居るか存じませんか?」

「ああ、それならあの子よ。」

真田「あ、ありがとうございます!」

南沢「あの女子か…。」

「!あ、貴方達はネオテイコクの………。」

倉間「おう…この前の練習試合は大変だったそうじゃねーか。酷い目に遭ったな……」

「!?どうしてそれを……あの練習試合は極秘だったはず…」

南沢「うちは情報網半端無いもんでな。……で、此処に来たのは…あの試合もしかしたらビデオでも撮ってたんじゃないかって期待を抱いて坂を登って辿り着いた訳だ」

「貴方達がなんで……万能坂をあまりよく思ってないはずでしょう?」

倉間「…勘違いすんじゃねーぞ、そいつらの事は今でも好きじゃねぇ。そしてそいつらの敵討ちしようって訳でもない。ただ、その謎のチームを野放しに出来ねぇだけだ」

「…謎のチーム、ね。まだ見てない貴方達には現時点でそうかもしれない…。」

真田「どういう事ですか…?」

「……その試合のビデオならあげるわよ、でも…あのチームと関わらない方が身の為だから。」

雅野「……………。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR