FC2ブログ

地獄の光景。

時任「これがそのビデオ…けどキミ達、勝手な行動はするなとあれ程…。」

真田「それはすみませんでしたコーチ!!」

南沢「お叱りは後で受けさせてもらいますから、今はビデオの方に…。」


雅野「では………再生。」


光良「うああっ!!」(激しいスライディングの前に転倒)

霧野「……フン。(転倒した光良を見下すよな目で見ればポーンと前線にパス)(着ているウェアは雷門のアウェーユニフォーム)」

倉間「霧野!?何であいつ………」

磯崎「何だそのパスは、舐めてんのか!(霧野のパスをインターセプトし)」

天馬「あーあ、まあいいや…すぐ返してもらうから。スパイラルドローS!

磯崎「く!?(周囲を風で包み込み、何も見えなくなった所に…)」

ドガァッ

磯崎「がはぁ!!」(吹っ飛ばされて地面に倒れるとお腹を抑えて苦しそうにしており)

倉間「て、天馬!?いや、まず……あいつ何しやがった!?」

天馬「どけぇーーー!!」(ゴール前まで一直線で走り、誰もそのスピードを止められず)

篠山「来るかこいつ……!」

天馬「超マッハウィンド!」(シュート…かと思えば至近距離まで一気に篠山に詰め寄り篠山の腹ごとボールを蹴り)

篠山「がっ!?」(その威力にボールごとゴールに叩き付けられ)

ピィー

「ファールファール8番!」

天馬「あ、すみませーん。力入りすぎちゃって…つい。」

篠山「つ、つい……ぐ…お前わざとやったんだろうが!?」

天馬「…………それをお前らが言うか?あれさ……かなり痛かったんだよね。(篠山や万能坂に対して強い敵意や殺意を現にし)」

篠山「っ!?」

向坂「おーい、天馬。1人で張り切り過ぎないようにー。サッカーはチームプレーっていうの忘れないでよー?」

雅野「向坂!?…………」

南沢「明らかにいつもの天馬じゃないな。…絶対スパイラルドロー中に磯崎に何かやっただろうし」


神童「一切気を抜くな………徹底的に叩き潰す。(キャプテンマークを巻いた神童がそこに居た)」

倉間「神童も…!あいつがキャプテン………」


ピィー(万能坂のキックオフ…の直後)

狩屋「退屈過ぎんだよ!!」(すぐさまスライディングで襲いかかり)

光良「ぐあっ!?」(そのスライディングに吹っ飛ばされ)

雅野「狩屋まで……。」


篠山「ゴール前固めろぉー!!」

剣城「…無駄なんだよ、ザコがいくら集まっても所詮ザコに過ぎねぇんだよ!」(シュートを撃って1人のDFに当たり)」

「うわあ!」

剣城「どうした、こんな通常シュートもまともにブロック出来ないか!?」(次次とDFめがけてシュートを撃ちまくり)」

(ゴール前を固めていたDF陣が全て倒れてしまい)

天馬「ちょっと剣城ー、あんまりやり過ぎないでよ。俺の分のお楽しみとっといて!」


西園「ふあ~………」(ボール来なくて暇そう、この状況を特になんとも思ってない様子)

剣城「悪いな、だったら…1点だけ頂いておくか!(鋭いシュートを放ち、そのボールは篠山の顔面へと凄まじい勢いで飛んでいた)

バガッ

(まともに篠山の顔に命中してゴールはボールに入っており、篠山立ち上がれず)

剣城「立てよ、早く。………まだ楽しい試合は始まったばかりだぜ?


その後も激しい攻撃は続き、ベンチの交代選手も試合に出てきたが同様に痛めつけられ。万能坂の監督は恐ろしいあまり逃げ出してしまっていた。

磯崎「う…………あ……………」

天馬「もうかなり辛そうだね。」

磯崎「何故…………だ………………お前……なんで………」

天馬「あれ、まだ分からない?まあ簡単に言っておこうかなぁ。お前らが気に入らないから排除、ただそれだけ

磯崎「………!?」

天馬「恨むなら自分達の過去の行動を恨む事だね、じゃあサ・ヨ・ナ・ラ♪超マッハウィンド!!」(磯崎めがけてわざとシュートを放ち

磯崎「ぐわあああ!!」(思いっきり遠くへと吹っ飛ばされてそのまま動かなくなり)


「!!!!」

向坂「マスター……………処刑完了。」


「ご苦労。」(一瞬血のような赤い髪をした男、監督らしき人物が映りそこでビデオは終わる)


真田「なんですか……これは……。」

南沢「…………。」

倉間「なんだよこれ……まるで拷問じゃねぇか!地獄じゃねぇか!天馬や神童達が全員病院送りにしたっつーのかよ!」

雅野「……最後に映ったの……あの時の…!」

時任「……まさか此処までとは…。」

倉間「許せねぇ……誰だ!誰がこいつらをこんなにしやがった!?見つけ次第ぶっ飛ばしてやる!」

真田「…こんな事…………どうすれば……。」
スポンサーサイト



非公開コメント

悪夢の記憶

青山「……そんな……神童や天馬達が……こんなことをするなんて……」

森杉「こんなのサッカーじゃねーし!オレ達が取り戻した自由なサッカーはどこいったんだっつーの!」

桃山「………まるで……昔受けた傷を………倍にして……仕返ししてるような……」

吉良「……あの事思いだしてしまったぜ。セカンドチームがたった一人のシードに壊滅させられたことをよ」

「「「…………」」」

吉良「悪ぃ…だけどよ、暴力に暴力で返すっていうのは間違ってるぜ!負の連鎖を止めてやらねぇと…」

青山「……ああ、そうだな。元凶がいるんだとしたら、そいつを早くなんとかしないことには…」

驚愕、そして誓い

狩屋「……酷ぇ……何であんなこと平然と……。」

影山「…皆…僕達の知ってる皆じゃないみたいで怖い……。」

信助「そりゃあ…僕らだってあんまり万能坂は好きじゃないよ…でも…だからってあんな事して許される筈ないよ……。」

狩屋「向こうの天馬君があぁなって…向こうのシュウ君とか太陽君…黙って無いよね…?」

信助「どうなんだろうね…僕達の方はかなりその黒幕に対して物凄い殺意に似た何かを感じた……。」

狩屋「怖ぇ…そういや…天馬君…あの映像終わった途端ショックと怖さが一気に来たのか、泣き崩れちゃったけど……大丈夫かな…?」

影山「剣城君が付き添ってるから大丈夫だと思う…。」


 ~その頃、天馬と付き添いの剣城~

天馬「…う…ぅ……な…んで……何で…向こうの俺や……神童キャプテン達があんな事を…しなきゃ…ならないの……。」(大粒の涙を流しながら)

剣城「……お前が嘆いても…神童キャプテン達が元に戻る訳じゃない…。この事件を解決するのはネオテイコクだ…。」

天馬「…………。」

剣城「だから……天馬……黒幕の手から向こうのお前や神童キャプテン達を救い出す為に…ネオテイコクの力になってやろう…今の俺達に出来るのはそれだけだ……。」(泣く天馬をなだめる様に頭を撫でる)

天馬「………うん……絶対に皆を……助けてあげないとね………。」

花澄さんへ。

倉間「本当に、天馬や神童がああいう事をするって想像も……」

南沢「お前なら想像はなんとなく出来るけどな。」

雅野「普段荒っぽいですから。」

倉間「そこまでやんねーよ!………入院しない程度にやるかもしれねぇけど」

時任「…とりあえず元凶が居るなら叩くしかないね、徹底的に。」

天音さんへ。

真田「向こうの天馬君、大泣きです…。」

倉間「確かにこれを知った時うちのシュウや雨宮はまず放っておかないだろーよ。元凶をなんとしても突き止めそうだし」

雅野「……俺達がなんとかしないといけないですよね、この状況を。」

南沢「当たり前だろ。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR