FC2ブログ

厳しい寒さ。

葱野「うう~…めちゃくちゃ寒い…!」

成神「外出られそうにないねこれ。…寒過ぎ。」

時任「カテナチオ、またはチョウテイコクの弱点は寒さか暑さに弱いって所…?

成神「ジェネシスの連中で言うまさに貧弱過ぎる、っスね。」

明井戸「それで目線が何で思いっきり俺に行きやがった、そこの1年ヘッドホン小僧。

時任「まあ、身体を休めておくのも選手の勤めだし…無理し過ぎで皆アツヤみたいになっても困るからね。」

アツヤ「俺はもう元気だっての!」

時任「ある程度起きてるのは良いけどまだ無理は駄目だよ?」

成神「吹雪先輩、お兄さんからお見舞いでもらったいちご牛乳で元気になってるみたいっス。」

マルコ「でもこのまま、ずっと室内で休みも…身体が鈍りそうだな。」

明井戸「…かつて円堂達も室内で缶詰状態の中で特訓してた事があったよな、そういえば。」

葱野「あ、覚えてます!オーストラリア戦!久遠監督に言われてずっと部屋に居る事になって…それがボックスロックディフェンスを破るきっかけになったんですよね?」

ジーン「俺達との試合前そんな事があったのか…!それでボックスロックを破られたなんて予想外だ。」

葱野「それでもまだキミが居たけどね、ジーン。あー、その時僕も試合出たかったよ。」

時任「だったら僕達も室内で何か特訓すればもしかして物凄いタクティクスが…!」

明井戸「ああ、そんな特訓思いつかねぇし面倒だから何もしなくていーや。

時任「何も生まれる気配無しだー!」

成神「イナズマジャパンと決定的に違う所は……俺ら不真面目過ぎっスね。
スポンサーサイト



非公開コメント

こっちはようやく…

吹雪「「でも東京あたりは寒いと言っても僕にとってはそんなんでも無いからね~。でもこっちはもっと酷いよ?」

三浦「えぇ~やっぱりですか吹雪殿?」

吹雪「うん。大体-10以下になる時はなるからね~」

不動「しかも監督住んでるところは約1週間大雪で大変だったとか…まぁ俺達関係無いけどな」

吹雪「まぁそうだろ言えばそうだね…あっ、今回は2のチーム・トルネードから集まったこのメンバーでお送りしてます!」

不動「とはいっても俺は3の方だぞ。頭にマークない方の。」

三浦「2の時の彼も呼ぼうか悩んだそうだけど今のままでと我らの監督殿が決断なさったそうだ。」

吹雪「あの頃はね…不動君まだキャプテンに逆らえてた(?)頃だったよね?確か…」

不動「今に比べたらな。しかし寒さと暑さに弱いって意外な弱点だな」

三浦「こっちは弱点あるなら何でありますか不動殿?」

不動「弱点…とりあえず円堂バカがこのチーム多いって事辺り?」

三浦「それどこが弱点?」

吹雪「う~ん…ヒロト君とかもう好きな方向間違えてるからね…完全にあれBL方向だよ。あと他にも出そうで下手したらまともな人居なくなりそうで…」

三浦「…それ聞かせたく無くて円堂殿が居ない訳?」

不動・吹雪「まったくもってその通り!!」

三浦「……(若干呆れる)…そろそろ帰りますか?」

吹雪「そうだね。次回は3のルナティックのメンバー達の出演だよ!」

不動「次回は俺ら居ないからヒロトが暴走しないかどうかだ。」

三浦「ヒロト殿…次回ストッパー係に全てを託すしか術はありませぬ」

吹雪「そうだね…まぁ今回はここまで!それじゃあ!」

No title

時任「もっと寒い…僕達これぐらいで弱音吐いてる場合じゃないね。」

葱野「大雪かぁ…雪の中のサッカーって大変なんですよね?でも白恋じゃ普通にサッカーしてた…。」

成神「というかあの時鬼道さん達は半袖で寒くなかった?」

時任「僕達じゃ寒く感じる…!つまり僕達のチームは軟弱という事だね…。」

明井戸「円堂好きがやっぱ多いんだな。ヒロトの他にも円堂が好きな奴が居るみたいだし。」

成神「…ま、明井戸先輩も実はそういう人が多かったりとしますが…八神や神野だけでなく。」

時任「ただ明井戸本人はそういう人に気づいてないみたいだけどね。」

明井戸「あ…?何の話をしてんだよ。」

葱野「えーと、こっちはつまり明井戸先輩バカって事ですね!?」

明井戸「ちょっと待て、お前にだけはバカと言われたくねぇぞ!?」

葱野「え?え?」

成神「先輩、意味が違うっス…。」

時任「あ……次のルナティック楽しみにしてるよ!後、アツヤが吹雪にいちご牛乳ありがとうって。ごめん、次は本人に言わせるから…!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR