FC2ブログ

帰って来た皆

明井戸「…何だ、お前ら?俺らに何か用か?」

シオン「(チョウテイコク…まさかこんな所で会うとは)」

神童「あ、あの…そのツボ…いえ、その中身を譲ってもらえませんか!?」

時任「え?」

葱野「ツボの中身?」

明井戸「何か入ってんのか?これ……なんだこれ!?」(ツボの中から4つの石が出て来る)

シオン「!クロノストーン……」

神童「!!それです!それを譲ってください!」

明井戸「…何でこれが欲しいんだよ?……これが超値打ち物って知って横取りする気かよ」

凉「違うよ!そんなんじゃない!」

神童「お願いします!!お金なら出しますから!!」(頭を下げて必死にお願いする)

時任「明井戸……凄い必死だよ、この人達…何か絶対に必要って気持ちが凄く伝わる…」

明井戸「…………ガキから金取る程落ちぶれてねーよ、石だけ欲しいなら持ってけ」

神童「!…ありがとうございます……!」

シオン「よし、これで…奴らの持っていた装置を操作して光を当てれば……」

凉「って此処でやるのは不味いよ!さっさと帰るんだよ!」


成神「何だったんスか、あの人ら?」

明井戸「さあ………けど、何かなぁ。またあの顔見るような気がする」

葱野「予言ですか!?その力に目覚めたとか…」

明井戸「んな訳あるか。なんの根拠もねぇし、なんとなくそう思っただけだ」


シオン「では、やるぞ…!」(現代に戻り装置を操作して石に当て)



向坂「あわっ!?」

真田「あれ、此処は…?」

雅野「………どうなってるんだ?」

南沢「…?」


神童「み………南沢さん達!!」(がっばぁ、と抱きつき)

真田「わっ!?し、神童先輩?!」

神童「良かった………良かったぁぁぁぁ……」(もの凄い大泣きしてしまい)
スポンサーサイト



非公開コメント

新メンバーと共に

天馬「…皆さんおかえりなさい!!」

太助「無事悪い奴も懲らしめて皆帰ってきて…もう大団円ってやつだな!」

喬姫「本当良かったです~。」

鈴庶「盛り上がってるが…自己紹介を忘れてるぞ。…この度このチームに入ることになった徐 鈴庶(じょ りんしょ)だ。」

太助「そういやそうだった!俺は太助!!よろしくな!」

喬姫「小 喬姫(しょう きょうひ)です~。よろしくお願いしま~す♪」

天馬「…以上が新メンバーです。神童キャプテン…凄い泣いてる…あの人泣くの久しぶりに見た…。」

太助「そうなのか?…それにしても…この時代じゃこういう物があるんだな…。」

喬姫「けどまだまだ面白い事が有りそうで楽しみです~♪」

鈴庶「…こんな感じだが…どうかよろしくな。」

天馬「鈴庶さん…凄いしっかりしてるな…。」

No title

神童「…泣かれた所を見られたか、カッコ悪いな……」

真田「そんな事全くありません!」

南沢「あれは、中国の人々か。…大人なのか?年齢が分からない」

向坂「でも美人だなぁー。お姉さん、後でお茶しないー?」

雅野「よそ様のイレブンをナンパしないでください。これからもよろしくお願いします」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR