FC2ブログ

続々新加入、あの世界チャンプまで……

シオン「そういう訳で、俺達もチームに加わらせてもらう。」

カティア「何時かは迷惑かけて申し訳ない…よろしく。」

カナイ「プレーでその償いをさせてもらいたい」

リラ「よろしくね。」

凉「ま、改めて神童。よろしくー」

南沢「一気に大幅に加入だな。

雅野「神童先輩、何時の間にこんな強そうな人達と知り合ってたんですか。」

神童「皆の力は俺が保証する。必ずやってくれるはずだ」

真田「神童先輩のお墨付きなら安心です!」

向坂「さあ、此処からどう……って。何これー?」

神童「それは……何処かで見たような……あ!」

バン「久しぶり!神童。」

神童「キミは……山野バン。」

向坂「おおー、はいはいはい。LBX世界チャンプだね!イノベーターの脅威から世界を救って宇宙衛星に乗り込んで再び世界を救い、世界大会のアルテミスでも優勝経験のある人だよー。」

バン「何でそこまで知ってるの!?アルテミスはともかくイノベーターの事とか!

向坂「今日はアミちゃんとかカズはいないのかな?」

バン「えーと、多分キタジマ模型店かな…大抵あそこに居るから」

南沢「って、そんな世間話しに来た訳じゃないだろ。世界王者が俺達に何か用でもあるのか?」

バン「あ、何か……こっちに凄いLBXがあるって聞いて来たんだけど。何か知らない?」

神童「凄いLBX?いや、聞いた事は無いが……」

真田「無い、ですね…。」

バン「そうか…こっちの世界の事あまり知らないからな」

向坂「じゃあ俺達のチームに入って調べた方がいいよー。その方が動きやすいから!」

バン「え?て、サッカー………」

向坂「やんなくていいから、何かLBX頂戴ー!

バン「ええ!?な、何かって…あっちである程度持ってはいるけど…いやいや、サッカーちゃんと参加するから!」

雅野「…凄い事になりましたね。」

真田「そうだね…。」

神童「LBXと同じ名前が来たらまさか…世界最高のプレーヤーが来るとは」

バン「同じ名前?誰?」

シオン「………一応名前は、エル・シオンだ」

バン「エルシオン!???俺のLBXと同じ名前だ!うわー、凄いな!?」

真田「冷静かと思えば興奮したり、なんていうか…冷静と情熱を合わせ持つ人ですね。」

向坂「流石向こうの主人公だねぇ。」
スポンサーサイト



非公開コメント

遅くなった賑やかな挨拶

太助「あ~!この前会った奴らだ~!」

喬姫「あれからチームに入ったんですね~。よろしくです~。」

ヨッカ「それに加え、違う次元の者も参戦か…まぁ…よろしくな。」

ユウチ「あぁゆう機械ってあるんだね~。一度やってみたいもんだね~そのLBX。」

鈴庶「それにしても…愛機と同じ名前とは…面白い偶然だな…。」

ユウチ「まぁ…こんな賑やかな感じだけど…よろしくね~。」

チッカ「ね~♪」

No title

バン「やってくれるならLBX持って来るよー!」

南沢「どんどん広がってくな。」

雅野「というかバンさん、そんなにLBX余ってるんですか。」

バン「向こうでパーツはいくらでも手に入るから。」

向坂「ほんと、偶然って恐ろしいねぇ。あ、前世がLBXだったとか!」

シオン「あり得ないだろ。機械から人間になったのか俺は」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR