FC2ブログ

皆で御飯。そして怪しい動きが…。

時任「それ!」(葱野とのワンツー)

成神「っと、いただき!」(パシっとパスカット)

葱野「あ…!成神気のせいか調子良いなぁ。」

明井戸「んー、チョウテイコクの方もまあまあマシになってきたかな…?」

マルコ「それ言ってるとマシじゃないままあのオーガに挑んだみたいじゃないか。

亀石「あはは~、オーガの時より動きは良くなってるけどね~。」

明井戸「じゃあこんな所で飯食いに行くとするか。」

成神「賛成っス。何処行きます?虎ノ屋?アメリカ?イタリア?アルゼンチン?」

時任「とりあえず近いのは…アメリカエリアだからそっち行こうか。」

そして皆でアメリカエリアにて。

葱野「わー…やっぱり日本のハンバーガーよりサイズがデカい!」

時任「流石アメリカだね…!」

成神「(バクバク)やっぱアメリカのバーガーは美味い…ポテトもいける。」

明井戸「サイズデカくてもこいつには別に関係ねーな。

マルコ「ライオコットだと色々な国の御飯が食べられて良いね。イタリアに居たままだったら食べられなかったかもしれないし。」

時任「それに色々な国の人にも会えるしね?」

明井戸「……ただ、いちいちイナズマジェットに乗ったりすんのは嫌だけどな。」

成神「網海先輩といい3年の人は飛行機が駄目な人多いっスね。

アツヤ「だらしねーな、ったく。」

成神「あ、アツヤ先輩一人だけドーナツ狡いっス!」







ベルゼブ「……これで大体の駒は揃ったかな?」

(ずらりと並ぶ人影)

ベルゼブ「期待しているぞ、お前達。」

龍野「…………。」
スポンサーサイト



非公開コメント

ステータスに困る…

ヒロト「何あの半分愚痴っぽいタイトル…」

虎丸「そのまんまですよ。本当どういう風にすれば良いか悩んでるそうですよ…うちの監督。」

ビヨン「それはさて置き…今回はルナティックのメンバーでお送りする」

組織「今回は…まだ居る様だな。」

ピーチッチ「は~い!私も来ちゃいました~!」

虎丸「あっ!ベリーズのピーチッチさん!何だか賑やかだな!」

フィディオ「やぁ!俺も来たよ!」

ギュエール「私はオーガの方では行くことが出来ませんが、ルナティックのメンバーとして参りました。」

ヒロト「本当多いね」

虎丸「なんか…ある程度見たらキャプテン大好きな方々が集まってるのが分かりますね…」

ギュエール「大好き…そんなものではありません…あの方は最早崇拝しなければならない方です」

ビヨン「そこまでいったか!お前の中の円堂!!」

ヒロト「無論だよ!ビヨン君!あの姿は崇拝すべきだよ!!(例の如く鼻血が流れている)」

組織「ボタボタ鼻血出すな…本当ここまで来ると頭痛い…」

フィディオ「崇拝とまではいかないけど…やっぱりマモルは笑顔とサッカーに打ち込む姿は魅力だからな……」

虎丸「この人はヒロトさんに比べたらまだマシな方ですね。」

ビヨン「まぁ…ほっとこう。…それで本日のこっちの夕飯は…」

ピーチッチ「今日は宿舎で唐揚げやグラタンだったよ!」

ギュエール「キャプテン…グラタン食べてた時にうっかり舌を火傷してしまいまして…大丈夫か御心配です…」

虎丸「いやそれ位大丈夫でしょう…天使がこんなんで大丈夫かな?」

フィディオ「そういえば…マモルから何か伝言があったんだ」

ピーチッチ「伝言?円堂君なんだって?」

フィディオ「それが分からないけど此処で何か起こりそうだって…」

組織「何か?」

ヒロト「唐突だね…でも円堂君が言ってたとなると…」

虎丸「当たりそうで怖いですね…」

フィディオ「もし力になれることがあれば協力するって言ってた!」

ヒロト「円堂君!そん時は僕が…」

ギュエール「いえ!私がキャプテンを御守りします!」

ビヨン「どうでもいい事で喧嘩始まった…まぁ…今回はここまでだな」

フィディオ「そうだな!まだスカイアリアの正式メンバー決めてる最中だけど俺達も頑張ろう!」

虎丸「はい!では今回はここまで!」

ピーチッチ「またね~!!」


組織「……何だか気になるな…こっちでも色々警戒しなければ…」

No title

明井戸「向こうも色々悩んでるみてーだな、能力か…。」

時任「これは人それぞれだからね、どれを重視するかとか。」

葱野「って有名人来てます!ベリーズの人が!」

マルコ「おお、フィディオまで…!お前向こうで元気そうだなぁ。」

明井戸「そして共通してる事は円堂好きか、天空の女子にまで好かれるとは…。」

成神「グラタンに唐揚げ…食いたかったっス。」

時任「そっち!?キミ、あれだけハンバーガーやポテトにドーナツとアメリカエリアの御飯を食べたのに!」

神野「あの天使、相当な想いがあると見た…けど明井戸先輩に対する想いなら俺は負ける気ないからな!!」

時任「そしてキミは人様のイレブンと何を張り合ってんのー!?」

成神「龍野先輩に頼んで向こうの円堂先輩の銅像でもプレゼントします?」

明井戸「龍野?…そういや最近あいつの姿見ねーな、オーガに行ってから。」

葱野「そういえば何か起こりそうとか言ってましたけど…。」

マルコ「確かになんとなくちょっとした予感がするような気はするな。」

明井戸「……あんまり良くない予感かもしれねーけど。」

時任「ま、まあ…気にしてもしょうがないよ。ほら、行こう!円堂には助けてもらってばかりだから頼りっぱなしは悪いけど…本当にどうしようもないって時は…。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR