FC2ブログ

誰も知らない接点

南沢「…思うように決まらないな、スタメンが。」

向坂「まあ、焦る事もないんじゃないですか?のんびり今回もいきましょー」

優一「そうだな、焦って作ってもいいチームは出来ないよ。」

雅野「普通にいますけど優一さん初登場ですね。

真田「高校生もチームに入ったんですね…!(優一は高校2年生)」

優一「篤志に頼まれれば嫌とは言えないなぁ。」

神童「篤志って、南沢先輩………お二人知り合いだったんですか?」

南沢「……ああ、昔な。」

優一「小さい頃によく遊んでいたんだよ。サッカーに限らず色々とね、ちなみにその時の篤志は優兄優兄と満面の笑顔で俺に懐いていたりとそれは可愛く…」

南沢「修正だ!またエルドラドによる修正が入ったぞ!!

向坂「あっちはもう何もやってないでしょー、南沢先輩にもそんな純粋な頃があったんですねぇ。」

雅野「その頃の時代に後でタイムジャンプをしたいです。」

優一「じゃあその頃の思い出の品を持ってくればいいかな。」

南沢「待て…全員行く気満々か!優一さんまで!
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

剣城「兄さん…良かった…。…チームは違うがどうかよろしくな。」

天馬「良かったね。…それにしても優一さんと南沢先輩に接点があったんだね…。」

剣城「俺そのあたりの記憶あまりない…。」

天馬「今の南沢先輩とはだいぶ違うんだ…俺も見てみたいな!」

No title

南沢「天馬、見る必要は無い。つまらないもんだぞ。」

向坂「それは俺達で判断しますよー。いずれ全員で見たいもんです。」

雅野「俺も見たいです…そんな南沢先輩。」

南沢「ぐ………(雅野に頼まれると断り難い)」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR