FC2ブログ

変わり者同士。

木屋「む………」

向坂「おおー、確かエンシャントダークの人だっけー?」

木屋「木屋功治、名前ぐらい覚えろ。」

向坂「ああ、そうそうゼロにもいたよねぇ。中々のDFで顔も良いから姿は覚えてるよー」

木屋「そうか。」

向坂「珍しいねぇ、こんな所に居るなんてどうしたー?」

木屋「理由でも居るのか、俺が此処に居たいから居る。それだけだ。」

向坂「中々の変わり者だねぇ……………それか、俺に会いたくてたまらないから会いたかったとかー?俺人気者だからさぁ、いやー辛い辛い。」

木屋「ああ、お前に会えるのは嬉しいぞ?」

向坂「おお?マジで?大抵の人はこれ流すんだけどな…………俺のプレー見て惚れたとか、なーんて流石にそれは……」

木屋「プレー以前に惚れてるぞ。

向坂「……………え?」

木屋「だから、前から俺はお前に惚れているんだよ。」

向坂「え?え?」

木屋「向坂悟。俺と付き合え。

向坂「なぁ!?な、何を言って、何ですかこのゴーイングマイウェイな人はー!!







木屋「という訳で今日からネオテイコクの一員に加えさせてもらう。」

真田「是非お願いします、向坂先輩のストッパー役として。

向坂「ええええ、ま…マジでいれんの?!」

南沢「実力はあるんだ、文句無いだろ。それに、お前に惚れるなんて滅多に無いぞ。」

向坂「嘘ぉぉぉー……」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

ユウチ「本当ゴーイングマイウェイな人だね~。」

天馬「よろしくお願いしま~す!」

シュウ「木屋久しぶり~…よろしくね~。(※彼はエンシャントメンバーは基本呼び捨て)」

天馬「でもなんかマイペースな向坂先輩があぁなるって珍しいね。」

シュウ「そうだね~。というか木屋は彼のどこに惚れたんだろうね。」

ユウチ「それが一番気になるね~。」

No title

木屋「シュウか、向こうで元気にやってるそうだな。」

真田「そうですね…エンシャントダークって学校行ってるんですか?」

木屋「ゴッドエデンで一通りの事は学んで来ている。」

向坂「あはは、そうなんだぁ……」

木屋「…どうした、顔がひきつってるぞ。」

向坂「誰のせいだよ………」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR