FC2ブログ

ついに出て来た!

試合終了ー!チョウテイコク、かろうじて1-0で逃げ切っての勝利です!

成神「向こうの激しく派手な試合と比べてこっちは地味っスね。

時任「この際実況誰なんだってツッコミは一旦置いといて、確かにこっちは進化無しでロング1発打つだけだったね。」

明井戸「そんで後はパス回しではい、お終い。って感じだしな。」

葱野「向こうみたいな派手な試合したいですよー!」

明井戸「点の取り合い?うちで失点は厳禁だからな。

アツヤ「でも、あの試合はまあテンション上がったもんだな俺らも。」

葱野「やっぱりお兄さんの活躍は嬉しいんですね?弟としては!」

アツヤ「え!?あー………一番輝いてるように見えたかな、2得点に関わってるせいなのか。」

明井戸「とりあえず、ロニージョ達のやってたダンシングドリブルを成神。お前もやれそうな気がするから次やってみてねぇ?

成神「サンバ習ってないから無理っス。

時任「で…やっときたね、リトルギガント達。」

葱野「いよいよラスボスの登場ですね……!」

マルコ「あいつらか……。」

成神「ってうちでそれと試合やった人が居たんだった。…どうだった?」

マルコ「どうって……今までのどの相手よりも数段強かったとしか言いようがないよ…。」

明井戸「…それは楽しみにしといて、さ…もう1試合行くか。」

時任「え!?また行くの!?………今日の事が相当刺激になったみたいだね明井戸。」

葱野「僕達は僕達で帝国学園での戦いに備えましょう!」
スポンサーサイト



非公開コメント

ただいま秘伝書巡りの旅☆

不動「いや待て。何だあの訳分からんタイトルは!?」

虎丸「実際今秘伝書手に入れるために修練場や超次元トーナメントしてるのでそれでしょう?」

吹雪「でも何でそれで最後のとこ☆が?」

不動「知らねぇ…そういえば今日の成果とかは?」

円堂「あぁ。今日は修練場にてカオスブレイク手に入った。これは虎丸に覚えさせようかなって検討中だ。」

吹雪「虎丸君どの技が良いかなって迷ってね…候補他に合って後は
…デスゾーン2、グランフェンリルっと究極奥義系であるんだよね…?」

不動「スカイアリアの点を取るFWとしては究極奥義は覚えないとな」

吹雪「ちなみに僕はすでにゴットブレイク覚えてやっとG5になったよ」

円堂「だいぶ主要達の技も順調に強くなってるな。」

虎丸「はい!どの技が来ても俺完璧のマスターして見せます!」

吹雪「うん!その意気だよ虎丸君!」

虎丸「はい!それにしても今日のキングダム戦凄かったですね!」

不動「まぁ俺は出なかったけどたまには良いかな…?」

円堂「またロニージョ達とサッカーしたいな!!よし!それじゃあ競争するぞ!虎丸!!」

虎丸「あっ!待って下さい!!(円堂と走ってく)」

吹雪「あぁ…行っちゃった…ところで不動君…」

不動「お前も思ったか…やっぱりあいつ(円堂)無理して明るくしてる様だった…」

吹雪「この前言ってた何かが近づいてるのかな?」

不動「わかんねぇ。とにかく今は気を付けないとな…」

吹雪「そうだね…それじゃあ…今日はここまで!じゃあね。」

No title

明井戸「カオスブレイクねぇ…俺の真似だな。豪炎寺じゃなく俺に憧れを持ったか?」

成神「100%違うと思うっス。というかカオスブレイクはあの神の韓国の人の技なんで。」

明井戸「あ、ただ注意が…カオスブレイクって時々打てない時あるから気をつけろよ?俺はそれで得点を逃した事が何度かある…。」

葱野「向こうはどんどん強い技を覚えて強くなっていきますね…!円堂先輩とかもうオメガ・ザ・ハンドを覚えてそうで…。」

時任「あれが強力なのは充分分かったね…アツヤの至近距離の必殺シュートも円堂に止められてたし。」

アツヤ「ぐ…!こ、今度は真っ向からオメガ破ってやるからな!!」

葱野「やっぱり円堂先輩は強い…!僕の新必殺シュートはまだ試してないからそれで貫けるかどうか…。」

時任「その円堂は…無理して明るく振る舞ってたんだ?向こうは…。」

明井戸「…此処でそんな深刻にさせるつもりは無かったんだけどな、とりあえず心配すんなとだけ言っとく。」

葱野「大丈夫です!今度の帝国でやる世界との戦い負けたりなんかしないですし!」

成神「円堂先輩…あんまり無理は駄目っスよ?」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR