FC2ブログ

チョウテイコクVSカテナチオV4。反撃、牙を剥く竜。

源田「行くぞー!」

葱野のシュートを見事止めてみせた源田、カテナチオの反撃か!?ボールは源田から龍野へと渡る!

時任「この2人が組む所を此処で見る事になるなんて…!」

龍野に対して時任が向かって行く!これは親友同士の戦いか!?

龍野「…(素早く沖田へとパス)」

(そして沖田がダイレクトで玄武へとパス、そして龍野に戻す)

これは見事なパスワーク!連携ピッタリでチョウテイコク内へと攻め込んでいる!そしてエドガーだ!

エドガー「受けろ、聖なる騎士の剣を!エクスカリバー改!!

11-01-23_001.jpg

明井戸「やっぱそう来るだろーと思ったぜ、来たぞ南雲!」

バーン「分かってるっての!アトミックフレア!!

10-05-03_004.jpg

止めたぁー!エドガーの必殺エクスカリバーを南雲が読んでいたのか下がって打ち返した!!

明井戸「こっちだって守備力じゃ負けてねーんだ、1点もやんねぇよ。」

クリアーされたボールはレオナルドが持ってそのまま上がって行く!

レオナルド「どう攻略すればいい…?あいつらの守りを…。」

明井戸「こっち!(片手を上げながら走る明井戸)」

レオナルド「!」

明井戸も前線へと攻め上がる!そしてレオナルドはその明井戸へとパス!

明井戸「南雲!アツヤ!準備しとけよ!」

時任「あ!もしかしてカオスブレイク……これなら行けるか…!?」

明井戸「…って何で俺に誰も来ねぇんだ?」

どうしたカテナチオ!?強力なシュート技を持つはずの明井戸に誰一人止めに…あ!一人止めに行くのが居た!

明井戸「…!お前………。」

パンダ「他の誰にも譲らねぇよ。お前を止めんのは……この俺だ!」

これは同じ3年同士!親友にしてライバルの2人の対決だ!

11-01-21_020.jpg

明井戸「……………。」(すっと試しに素早く右へと動き)

パンダ「…………。」(それに合わせて同じ方向へと動き)

明井戸「(ち……此処でボールは取られたくない……シュート撃って終わった方が立て直しは効く。だったら!)」

パンダ「…。」

明井戸「真クロスドライブ!!

11-01-04_010.jpg

おっと撃った明井戸ー!まさかのシュートにこれは予想外……!

パンダ「甘いぜ明井戸!バーバリアンの盾!!

11-01-23_009.jpg

ああー!ブロック!完全にこれを読んでいたのか判、慌てず冷静に新技で対応した!そしてそのボールをクリアー!

パンダ「一旦シュート撃ってそれで流れをそっちに持ってくつもりと体制を立て直すっていう狙いだっただろうけど、そうはいかねーよ。」

明井戸「(読まれてた…!?)」

パンダ「…間近でどんだけお前のサッカー見てきたと思ってんだ、お前の策は全部俺が潰してやるよ。」

時任「くっ…だったら僕が持ち込む!」

ベルゼブ「……さて、見てるだけなのも飽きてきたから動くとするか。ゴー・トゥ・ヘルV3!!」

時任「うわあああ!!」

11-01-23_006.jpg

ベルゼブ「さあ、攻めろ!」(龍野へとパスをし)

龍野「では…得点と行きますか。」

成神「させないっスよ龍野先輩!」(龍野へとスライディング)

龍野「甘いですね!」(その前にエドガーへとパスを出してかわし、そしてすぐ前へと走る)

エドガー「エクスカリバー改!!」

アツヤ「何だあいつ!?通じねぇシュートをわざわざ撃つなんて…。」

明井戸「…!オーディンのチェイン狙いか、フィディオをマーク!」

フィディオ「遅い…真オーディンソード!!

11-01-21_015.jpg

ジーン「来い…!プロキオンネットV3!!

龍野「甘いですね、此処で終わりと誰が言いました?」

ジーン「!?」

時任「龍野!?」

明井戸「な…フィディオのシュート狙いじゃなくまさかあいつ最初からこれを…!」

11-01-21_017.jpg

龍野「ドラゴンスレイヤーV3!!

10-12-11_002.jpg

ジーン「ぐわああ!!」(プロキオンネットが突き破られてジーンが吹っ飛ばされてゴールに突き刺さり)

き、決まったー!エクスカリバー、オーディンソードと繋いで最後は龍野のドラゴンスレイヤーと超強力シュートのオンパレード!先制ゴールはカテナチオだー!

時任「そ、そんな…!?」

明井戸「俺達が……失点………。」

葱野「ただでさえ向こうの守備が堅いっていうのに僕達が得点を……。」

ベルゼブ「フフ、これで…グラウンド100周まずは確定だな?」

チョウテイコクも数多くの試合を無失点で抑えて来たが今日ついにゴールを許して……ん?

ベルゼブ「…なんだ?一体。」

明井戸「…?」

これは…副審の旗が上がってる!オフサイド!龍野がボールを受けた時点で旗が上がってたようです!よって今のカテナチオの得点は…無効!幻のゴールとなります!

龍野「!?」

ベルゼブ「な、何だとぉ!?オフサイド!?そんなはずは…!リプレイは無いのか!?証拠の映像は!」

時任「お、オフサイド?そうだったの……?」

明井戸「どうなってんだこれ……映像は…。」

(映像はフィディオのオーディンソードを撃つ前、一番下がってたマルコが猛ダッシュで前へと向かっており龍野は完全にオフサイドの位置となりそしてフィディオがオーディンソードを撃ってしまい龍野がそれにシュートすると旗が上がる)

成神「あ、これ……マルコが上がったおかげで……オフサイドみたいっス。」

葱野「やや、やった!凄いよマルコー!あの攻撃を止めちゃったよ!」

アツヤ「お前凄過ぎじゃねーか?!」

マルコ「あ、はは…!あいつが前線へと勢い良く駆け上がったのが見えてもしかして、と思って…予想が当って良かったよ。」

フィディオ「マルコ、あいつ……!」

龍野「………見事にやられました……迂闊でしたね…。」

ベルゼブ「あのパスタ好きイタリア人め…!小賢しい真似しやがって!」

これはチョウテイコク、マルコのオフサイドトラップ、大ファインプレーに救われました!恐るべしオルフェウスのDF!

明井戸「た、助かった…!マジで良かった……!」

成神「とりあえず走らずに済むっスね。そして…これでうちに流れ傾くと思うっスよ。」

明井戸「ああ…前半も残り僅か、最大の得点チャンスかな此処が…。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR