FC2ブログ

ビッグサンダーVSナイトフォース

「さあ、では第一試合…ビッグサンダーVSナイトフォース!まずはビッグサンダーから!」

20140105213739aca.jpg

キャプテン 雷轟キリカ

「ビッグサンダーはなんと監督どころか助っ人もスタメンには無し!他人にはあくまで頼らず家族と親戚の絆で戦うつもりのようです!それが騎士団をも打ち砕くのか!?スタメンはネオテイコク戦と全く変わらず!唯一違うのはベンチに南沢、真田、雅野が控えている事ぐらいか」

南沢「…正直、大丈夫かあいつら」

真田「僕らが入って乱れてしまうよりは…高い連携力の方が良いかもです」

雅野「…………」


「一方のナイトフォースのスタメンです!」

20140318203034140.jpg

キャプテン シモン・クルール

「おっと、こっちは助っ人ルールを使ってきた!なんと早くも総キャプテンであるSARUが参戦ー!更に白竜、シュウとトップクラスの力を持つストライカーも加わりこれは守り重視のはずのナイトフォースが超攻撃的となったぞー!?更に監督には現役のプロ選手、それも若手No.1ストライカーで人気者の葱野刻がまさかの電撃参戦!スタジアム中驚きと興奮に包まれております!」

「ちなみに助っ人達は助っ人と分かりやすいようにそのチームのユニフォームをそのまま身につけています」

SARU「この試合、ただ勝つだけじゃ駄目だよ……無失点。必ず無失点で勝つんだ」

品田「大丈夫だよー大将。僕が1点もやらないからさ?」

シモン「無論、1点に笑う者は1点に泣くという。」

シュウ「僕らは得点だね」

白竜「遠慮無しで…行かせてもらおう!」


レツヤ「SARUに白竜にシュウ、この3人は特に要注意して行くぞ。」

レンカ「はーい」

ラウド「分かった」


「ビッグサンダーVSナイトフォース…ビッグサンダーから、キックオフ!」

ピィー

レイジ「そらっ!」(瞬時にアカリへとパス)

アカリ「えいっ!」(ダイレクトでラウドへと絶妙パス)

「ビッグサンダー素早い連携パス!これが驚異の家族連携プレーだ!」

向坂「相変わらず早いなぁ」

九坂「あれで俺ら結構苦戦したんだよな」

シモン「惑わされるな!ボールをよく見ろ!」

ラウド「遅いね、ジグザグスパークZ!!

2014031821142906e.jpg

「雷轟家のゲームメーカー、ラウドの突破ー!此処からビッグサンダーの攻撃は始まって行くのです!」

品田「……そんな程度?僕が止めるまでもないや………本山、行ったよ!」

本山「わ、分かった!超もちもち黄粉餅!!

2014031821170416a.jpg

ラウド「うわ!?」

201403182117532b4.jpg

「おーっと!ラウドの突破かと思えばナイトフォースのDF本山が阻止!」

ガラゴ「マジかよ…!ラウド兄貴の突破をあっさり止めるなんて!」

本山「よし……僕だってやれば出来るんだ!攻撃陣行けー!!」(思いっきり前線にパス)


レツヤ「これがナイトフォースの守り……」

シモン「我が騎士団の守備、そう簡単に崩せると思うな!」
スポンサーサイト



非公開コメント

第1試合実況 その1

ラフラ「さー!いよいよ始まったビッグサンダーVSナイトフォースの試合!!実況は私雷轟ラフラと!」

ラウド「雷轟ラウドでお送りする。さてスターティングメンバーの紹介からいこう。まずビッグサンダーは我らが雷轟一家と親戚の雷同一家のみで構成されてて、監督はおらず助っ人の3名は控えという状態。素早さと強力な連携プレーを武器にナイトフォースの鉄壁の守りに挑む!」

ラフラ「対するナイトフォースはもう色々凄い!いきなり総大将・SARUをはじめ、白竜とシュウと強力なストライカー達が助っ人として参戦!!更に監督を務めるのは現役プロの葱野さん!強力な守りと攻撃が合わった正に矛と盾を兼ね備えたチームになってる模様!」

鉄角「ビッグサンダーの連携は前見て凄いと思ってるが…ナイトフォースのFW陣もかなり凄いからかなり苦戦するだろうな。」

ラフラ「さぁ!ビッグサンダーボールで試合開始!!いきなり絶妙な連携プレーでナイトフォース陣営に切り込んでいくー!!」

吹雪「なかなか素早いね…正にフィールドを駆ける雷って感じだね。」

ラウド「しかし此処でナイトフォースDF・本山が止めた!そして前線へパス!!ボールは一体誰に渡るか!?」

鉄角「けど改めて見てもビッグサンダーは凄いな。家族と親戚という繋がりはかなり強いしな…これはどんなピンチも乗り越えられるんじゃないか!?」

ラフラ「私とラウド的にはやっぱりビッグサンダーの絆の力は強いと思ってる……けど……。」

ラウド「それに不安を覚えてる人が居るのも事実っぽいしな。」

吹雪「まぁ…まだ始まったばかりだからね…どうなるかは…誰にも分からないよ。」

No title

九坂「あいつらも強いのに…ナイトフォースの守備にあっさり弾き飛ばされやがった、けどまだ始まったばかりだよな!」

瞬木「まあそうだけど、何つーか……嫌な予感がすんな」

井吹「…おい、余計なフラグ立てんな」

瞬木「はいはい、わーったよ…」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR