FC2ブログ

ビッグサンダーVSナイトフォースV2

向坂「あ、今回は水曜だけど感想は控えさせてくださーい」

井吹「誰に向かって言ってんだよ



「ボールを受け取ったのは、SARU!!早くも一番危険な人物にボールが渡ったー!」

アカリ「通さないよー!」

レイジ「止めるぞ!」

SARU「フ………デコイ・リリースZ!!

20140319123728bbe.jpg

アカリ「あわ!?」

「雷同の二人がかりの守備をものともしない!流石フェーダの皇帝だー!」

SARU「そら!」(白竜へシュート並の弾丸パス)

白竜「っ!厳しいパスを出してくれる…!」(なんとか追いつきトラップ)

リンカ「これ以上好き勝手させないよー!」

レンカ「よし、行こうー!」

リンカ、レンカ「かっとびディフェンスS!!

20140319124719ab5.jpg

白竜「スプリントワープGX!!

20140319124930fb5.jpg


リンカ「わーー!?」

「リンカ、レンカの姉妹連携ディフェンスも突破した白竜!」

ロクロ「これ以上行かせるか…!」

ボルト「俺達が止める!」

白竜「……任せた!」(大きく横へとパス)

ロクロ「!?」

「白竜、強引に突破するのかと思えばパスだー!そこに居るのは…シュウ!」

シュウ「ブラックアッシュGX!!

20140319130102581.jpg

「ナイトフォース、助っ人シュウの先制シュートー!」

キリカ「ワームホール∞!!

20140319130705ceb.jpg

2014031913124494f.jpg

「止めたー!雷轟家の長女キリカ、シュウの強烈なシュートを見事キャッチした!流石のプレーを見せてくれます!」

真田「凄い、キリカさん僕達と試合した時よりもパワーアップしてます!」

南沢「だろうな。何処だってそうだ」

「キリカのキックでボールは一気にラウドへ!」

巽「ステルスウォークGX!!

2014031913210526b.jpg

ラウド「!?ぼ、ボールが……何時の間に!?」

「これは、シャドーゲームメーカー巽慎之助がボールをこっそりと奪取ー!その通り名の通りほとんどのプレーヤーが彼の姿を見る事なく突破や奪取を許してしまいます!」

品田「ただでさえ影が薄いからねー、それで技で更に姿を隠せば…誰も彼を捕まえる事なんて不可能だよ」


雅野「あんな奴まで居るのか…」


巽「それ、SARU!」(パスを出し」


「ボールは再びSARUへ、そしてまたしてもドリブルで切れ込み…」

SARU「このコース……うん、先制点はもらった!シェルビットバーストGO!!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

真田「っ!物凄いシュート……でも、距離が遠い!あれなら…」

雅野「違う!あれは……!」

ミーア「極オーディンソード!!

201403191348137ff.jpg

20140319134849c1c.jpg

「これは、SARUの超強力ロングシュートからのミーアのシュートチェインだーー!!」

ロクロ「っ!!ダブルスピニング……ま、間に合わん!!」

キリカ「ワームホール∞!!

20140319130705ceb.jpg


キリカ「っああ!!」(ワームホールを突き破られてゴールネットが豪快に揺れる)


「き………決まったーーー!ラグナロク開幕一回戦、SARUのロングシュートからミーアのシュートチェインでナイトフォースが先制点を決めたーー!!」

真田「そんな……!」

南沢「向こうが先にゴール………」


ミーア「完璧なゴール…この1点必ず守りましょう!」

シモン「当然だ………」

SARU「駄目だ、もっと取りに行く。もっと攻撃的に行くんだ」

シモン「何……そこまで前に出ては敵のカウンターを喰らう恐れがある!」

SARU「このまま1-0じゃ駄目なんだ!もっと大差をつけて1点も与えず、反撃の希望を根こそぎ摘み取る必要があるんだ!そうじゃないとラグナロクは勝てない!!」

シモン「む………むう……」

白竜「あいつめ……あの時のザン戦の剣城の希望の1点のような事を今回はやらせないつもりだな」

シュウ「あの1点で天馬達に勢い乗らせたからね、彼もそれをよく分かってるから」


黒裂「しかし…なんという鋭いシュートだ。SARUは言うまでもないがミーアに防がれたシュウも…」


鎖「教えてあげようかー?ネオテイコクの皆」

天城「あ、鎖!どういう事だド!」

鎖「僕達3チームのFWはね、全員葱野さんの指導を受けてるんだよ。フォームを一人一人修正してもらってね」


葱野「キミはもっとこうすればその体制からでもボールを真芯に捉えられるようになると思うよ」

白竜「こう……ですか」


葱野「うん、そして……こうだ!!」(手本で助走も無しの超強烈なシュートを放ち)

シモン「っ!!!?」(全く反応出来ず一歩も動けずゴールされ)


白竜「(これが………日本トッププロの力…!)」



ガルシャア「はっ、正直相手DFやGKには同情するくらいだぜ!」

向坂「なんとまあ贅沢な指導……一応こっちもトッププロ(主に控え)は居るけどね」


ガラゴ「畜生…2点取りに行かなきゃならねえ!」

レツヤ「まだ焦る時間帯じゃない……落ち着け」

レンカ「もう2度とやらせないんだから!」


品田「そろそろ獅子が来る頃かな……まあ来ても通じないだろうけど」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR