スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV5

「さあ後半戦、0-0の均衡は敗れるのか…ドラゴンレジェンド側からキックオフ!」

ピィー


「ボールを持って攻める天才ドリブラー鈴林!切れ味鋭いドリブルを後半見せられるか!?」

祭「止めちゃうよー」

叫「四天王止めちゃうよー」

鈴林「この私をあんま舐めないでよね!絶マッシュルームホップ!!

20140403200822a35.jpg


「抜いたーー!流石四天王の100%近い突破力を誇るドリブラー!」

鈴林「それっ!」(そして火柘榴へとパス)

ドレーヌ「その必勝パターンはお見通し!」(すかさずインターセプト)

「しかしネオタナトスの助っ人お嬢様ドレーヌがこの攻撃を潰す!」

ドレーヌ「そして…カウンターよ!」(素早く前線へとパス)

持国「通さん!」(このパスをカット)

「なんと!?最終ラインの持国が此処まで上がっていたー!」

書原「!これは、まさか……!」

祭「ちょ、あたし達の戦術じゃん!全員攻撃!」

「これは、GKの井吹を残して全員が上がっていってるーー!ドラゴンレジェンド捨て身の攻撃に出た!」

針鼠「こっちの戦術を向こうが先にやってくるなんて…!それは止めないと不味い!」

九坂「取られてたまるかよ!ソウルストライク!!

20140403202108cdf.jpg

201404032022227e9.jpg


針鼠「うわあああ!」(クマに潰され突破許し)

「九坂のソウル炸裂ーーー!流石のギガキャノンが誇るナンバー1DF針鼠も止められず!」


九坂「今度こそ行けー!火柘榴!」(火柘榴へとパス)


火柘榴「この一撃で沈めてくれる!行くぞ!!」


火柘榴、鈴林「デッドフューチャーGO!!

201404032031456b0.jpg

20140403203310afa.jpg


「四天王の火柘榴、鈴林のシュートがついに爆発ーー!この試合で最も強力な技だ!」

祝部「それが最強のシュート?片腹痛いな!パワーシールド∞!!

201404032035464c9.jpg

20140403203623d40.jpg

「ななな、なんとこれも防いだ祝部ーーー!全く死角が無いぞキング・オブ・ゴールキーパー!!」

火柘榴「馬鹿な!!?デッドフューチャーですら決まらないというのか!」



向坂「まいったねぇ、あのGK……マジで強いや。最初口だけかと思えば」

時任「本当に思い出すぐらいだ。中学の頃の源田を…円堂と同等かそれ以上かぐらいの」



SARU「仲間にして良かったな。彼からゴールを奪えそうなのはアーサーを宿した白竜かシュウに…僕ぐらいしか居ないからね。」

ガルシャア「自慢かよ」
スポンサーサイト

非公開コメント

第2試合実況 その3

虎丸「さて前半は両チーム無得点で終了し、いよいよ後半戦スタート!四天王・鈴林さん!華麗なドリブルで突破していく!そしてドラゴンレジェンド!GKの井吹さん残して全員攻撃!!ギガキャノンの皆さんビックリ!!」

不動「そりゃあ自分達の戦法使われりゃ驚くわな。」

フィディオ「そして九坂のソウルストライクが発動!!相手DFをペチャンコに!そして火柘榴と鈴林によるデッドフューチャーが放たれる!この試合最強のシュートだが!祝部!パワーシールドで防いだー!!」

鉄角「お互いの技…究極進化してるとはいえ…こんなのって…」

ユウチ「それでも元の威力はデッドフューチャーが高いけどね…。」

不動「さて…あいつらは一体どうするんだろうな。」

No title

九坂「硬い守りだぜ…あのGK!」

瞬木「ブラックドーンも通じないだろうし、こりゃ正面からの攻めじゃ破るのは至難の業だな」

火柘榴「くっ!もう一度だ!もう一度デッドフューチャーを!」

瞬木「無駄だって。さっきの再現になっちまう」

鈴林「じゃあどうしろってのさー!ファイアトルネードDDも効かないし!」

瞬木「だったら使うしかねーだろ。……ちょっとした小細工を」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。