FC2ブログ

チョウテイコクVSカテナチオV9。真相、そして一件落着!?

時任「か、かか…勝った!勝った!皆やったね!」

マルコ「やった!俺達が…勝利出来た!」

バダップ「ミッションコンプリート…だな。」

明井戸「へ、へ…………やりぃ……!」

龍野「…見事です、バダップの予想外の加入があったとはいえ此処まで強くなっているとは。」

葱野「え?龍野先輩…?」

球児「負けたぁ…結構自信あったけど…。」

時任「あ、あの…キミ達?正気に戻ったの?ベルゼブの洗脳は解けた?」

龍野「僕達は………元々洗脳なんかされてません。

明井戸「……………。」

時任「…………」

成神「…………」

全員「…………」

何だとぉーーーーー!!!???

時任「ど、ど、ど…どういう事?!ちゃんとその辺説明してくれるよね!?」

アツヤ「洗脳されてねぇってなんだそれ?!」

沖田「お、落ち着いてください!皆…あの…これは龍野先輩の提案で……チョウテイコク強化特訓だったんです。」

明井戸「チョウテイコクの…?」

龍野「キミ達は僕達カテナチオと比べたらまだまだ弱い、しかし超える素質がある…でも最近伸び悩んでいるように見えましたね。見ていて。」

ジーン「確かに…少し壁に当っていたかもしれない…どうすればもっと上に行けるのか、と。」

龍野「そこで、僕達でキミ達チョウテイコクを鍛えようと思いまして試合を申し込みました。」

葱野「でも、それだったら普通に挑んで来ても良かったんじゃあ!」

龍野「本当に本気の本気…負ける事は許されないという状況での試合にしたかったんですよ、だからベルゼブに協力してもらいました。」

ベルゼブ「フン……!」

時任「確かに僕達負けたら龍野達がどうなってしまうとか、皆がどうなってしまうか…負ける事の出来ない戦いだった…。」

龍野「普通に試合でも良いんですがその状況で逆境の方が…成長しやすいだろうと思いましてね。」

パンダ「洗脳されたフリは苦労したもんだぜ。」

明井戸「…へたくそ、試合中は思いっきり全員いつも通りだったくせによ。」

葱野「本気で…心配しましたぁ!わーん!!」

球児「心配させてゴメンな葱野、お前強くなったなぁ…。」

玄武「結構本気でやったんだけどな、こっちは。」

テレス「チッ……強化特訓はともかくゴールを奪われた事は悔しいぜ!次ん時は0点に抑えるからな!」

フィディオ「寵児の頼みなら断れないし…結構楽しかったよ。」

エドガー「私達との試合をきっかけに一気に強くなってくれたまえ、チョウテイコクの諸君。」

明井戸「海外勢のお前等も協力してくれてたんだな、ただ…偉そうに言ってる英国紳士は俺が完全に完封して良いとこ無しって事忘れんじゃねーぞ。

時任「あ、明井戸!そこはいいから…!」

成神「結局全部は…負けられない状況を作っての強化試合だったんスか。確かに皆技が成長したけど。」

アツヤ「…てめー、まぎらわしい事言ってんじゃねーよ!」(ベルゼブの頭をポカポカと殴り)

ベルゼブ「ぐっ!?き、キサマ何をする!?だから演技しろと言われてやっただけだ!」

アツヤ「うっせぇ!何か殴らなきゃ気がすまねぇ!このやろこのやろー!!」

明井戸「とりあえずベルゼブにはちょっと痛い目に遭ってもらってと…全く、とんでもねぇサプライズ用意しやがって。」

時任「でも、無事終わって良かったよ…あ!」

明井戸「どうした時任?」

時任「エクスカリバー撃っても源田には通じないって言ってたけど…僕それを超える新技覚えてたんだった。結局使わずに終わったけどね。」

明井戸「…じゃ、次の練習試合の機会に…。あ!そん時は龍野、今日みたいなの無しだぞ!」

龍野「もうやらないから大丈夫ですよ…。同じ事は2度やりません。」
スポンサーサイト



非公開コメント

またまた別場所から

不動「懲りずによく別場所からやれるな…」

円堂「でも…皆洗脳されてなくて良かった!!」

不動「…演技とはいえ…龍野先輩の案とはいえ…まぎらわしいわ!」

円堂「まぁまぁ…皆なんともなかっただけでも嬉しいじゃん」

不動「(あれ?何で俺と円堂しか居ないんだ?…いっか)…まぁ…そうならそうなんじゃなぇか?」

円堂「やっぱり洗脳されてないって分からなかったのはあの時酷く動揺してたからなんだな…」

不動「たぶんな…まぁ…お前にとってあの登場されたら動揺しないわけないもんな…」

円堂「…不動…」

不動「…んっ?なん……(突然円堂に抱きつかれる)」

円堂「…皆もそうだけど……不動…ああゆうのはしないでくれ…」

不動「(かなり動揺したが冷静になり)…いきなりまた唐突な…」

円堂「…やっぱり嘘だったとしても辛かった…だから…本当でも嘘でも
裏切るなんてこと…俺や他の皆だって辛いから…」

不動「…まったく…本当これだから手が離せないんだよ…お前は…」

 (そして2人のやりとりを見守るメンバーたち)
フィディオ「なんだか凄いことになってるね…マモル達」

吹雪「何かね…キャプテン辛いときやっぱり不動君に話すの多いんだ」

ヒロト「円堂く~ん!不動君じゃなくて僕の胸に飛び込んでおいで!」

吹雪「まぁ…彼は置いておこう(普通にスルーした)」

虎丸「そうですね。でも本当操られてるとかじゃなくて良かったですね!」

ビヨン「向こうの2人は…そのうち帰ってくるだろ…。じゃあ切り上げるぞ」

ヒロト「えっ!?その前にあのツンツン頭悪魔…」

フィディオ「向こうでアツヤがかなり殴ってるからそれで良いでしょう!」


不動「何盛り上がってんだあいつら?」

円堂「さぁ?じゃあ腹減ったし…帰ろうぜ!」

不動「へいへい…それじゃあ今回はここまで!」

No title

時任「怒られたよ、龍野…僕達の強化で天音さん達にえらく心配かけちゃったじゃん!?」

龍野「そこは申し訳ないです…。」

明井戸「そりゃあの時点じゃ洗脳されてるかされてないなんて分かんねぇもんだろ。」

成神「それが葱野はよく気づいたね?」

葱野「いや、何か雰囲気がいつも通りだったからさ…。」

明井戸「で、円堂と不動がちょっと真剣な話してるっぽいから俺らも離れといた方がいっか。」

時任「えーと…ヒロトには頑張れ、と言っておいた方がいいかな?」

明井戸「うん…もし本当に円堂がヒロトの胸に飛び込んで来たらそん時どんな反応を見せるかってのには興味あるな。」

アツヤ「あ、ベルゼブは皆の分まで殴っといたからなー。」

成神「俺達もお腹空いたっス。何か御飯食いましょうよー。」

マルコ「そうだな…じゃ、たまにはピザを作るか。」

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR