スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV8

ウルル「この…!」(南沢へと激しいスライディング)

南沢「っ!」(そのスライディングでボールがこぼれてラインを割る)

「ウルル、此処は阻止!ネオテイコクにシュートチャンスを与えない女性DF2人……おっと?ネオタナトス、此処で選手交代のようです」

明井戸「ん?………あっちも動き出しやがった」


「銀座宮に代わって入るのは…………フェイ・ルーン!」


真田「フェイ!?」

向坂「あらー…これはまた……」

九坂「なんだ、あの女みたいな奴……そんな強ぇのか?」

天城「実力的にSARU並かそれ以上だド」

九坂「って事は…………とんでもなく強ぇじゃんか!!」

南沢「向こうは切り札を隠していたって訳か」



SARU「まさか、こういう形で立つ事になるとはね」

フェイ「そうだね…今回は同じチームの仲間、そしてやるからには勝つよ」

SARU「当然そのつもりさ。」

「おっと、それと……天瀬も交代のようです」

天瀬「?僕ですか?でも………交代の選手が見当たらないですが…」

フェイ「ああ、居るよ此処に。」(パチンと指を鳴らせばデュプリであるマントが姿を現す)

天瀬「ああ、そういう事……分かりました。お任せしましょう」


「フェイとマントが加わり、ネオタナトスに再び勢いを与えるのか!?」

瞬木「休憩は終わりだ…行くぜハヤブサ!」

2014042115200018b.jpg

「此処で瞬木、ソウルを出した!前半温存していた分後半に爆発か!?」

九坂「おし!決めてやれ瞬木ー!!」(瞬木へとパス)

瞬木「言われるまでもねーよ、ソウルストライク!!

201404211525433cb.jpg

20140421152612edd.jpg

「瞬木のソウルストライクー!!ネオテイコク此処で強烈なシュートを放った!」

ウルル「止めよう!」

フェイ「あ、下がってて!」

ウルル「え………?」


フェイ「技を借りるよ……天馬!神嵐・竜巻・ハリケーン!!!!

20140421154038d3b.jpg

20140421154107880.jpg

201404211541416b5.jpg

201404211543596d1.jpg


瞬木「な…返しやがった!?」

森村「あ、あれ……キャプテンの技……!?」

「これは!瞬木のお株を奪うようなカウンターシュートーーー!!ソウルストライクの威力まで乗っているぞ!」

天城「不味い!止めるド!ビバ!万里の長城∞!!

20140419201757e12.jpg

森村「ラ・フラムGX!!

201404192016414b1.jpg

向坂「エアーバレットS!!

201404171250424f2.jpg

真田「後は僕が!アインザッツGO!!

201403241428398aa.jpg

「ネオテイコクDF総がかりでなんとかこのシュートを阻止!だが、ネオテイコクにとってこれは強大な壁が出来てしまった!」


「フェイのシュートはソウルストライクや化身シュートだろうが跳ね返す…うかつに打てば超カウンターの餌食」

明井戸「ち……!」


雅野「真田!早くクリアーだ!来てる!」

真田「!」


SARU「もう遅いね。絶ロックハンマー!!

201404211602574fe.jpg

20140421160330c8f.jpg

真田「うわあああ!!!」

「SARU、真田を吹っ飛ばしてボールを取ったーー!!ネオタナトスこれは大チャンス!ネオテイコク大ピンチーーー!!」

SARU「終わりにしようか、全てを超越した魔神…今こそ破壊の拳を振るう時!超魔神エヴァース!!

20140320202829236.jpg

「更に化身を出したーー!SARU全く容赦無しの情け無用!!」

雅野「絶望から希望へ…戦う者達に力を!!妖狐ダッキ!

20140421161601ba8.jpg

「雅野も化身!しかしSARUを止められるのか!?そして……至近距離だ!」

SARU「結局はタマズサと同じタイプ…もらったね、モータルスマッシュ!!

20140320203519d87.jpg

20140320203624530.jpg

「SARU、至近距離からの化身シュートーーー!!」

天城「し、しまったド!雅野!」


雅野「今の俺なら……止められる!行ける!シキガミラインズ!!

20140421162330f73.jpg

20140421162401e31.jpg

20140421162427d34.jpg

「ななな、なんとぉ!?雅野、名手雷轟キリカを粉砕したあのSARUの至近距離によるモータルスマッシュを簡単に止めてしまった!」

真田「や、やった雅野ありがとう!!」

向坂「助かったぁーー」


SARU「完全に決まったと思ったら……やるね」



雅野「もっと上がれ前線ー!」


瞬木「どうよ、迷いを吹っ切ったあいつは…強いぜ?」

フェイ「みたいだね、でも……僕達の最大の攻撃はあれじゃないよ?」

瞬木「分かってるっつーんだよ。そっちは切り札を何枚持ってんだか」
スポンサーサイト

非公開コメント

No title

松風「えっ、フェイがおれの技を…!」

座名九郎「私は初めて見る方ですが、あの瞬木さんのシュートを打ち返せる辺り、相当のキック力の持ち主ですね」

本山「でもDF4人がかりで止められるのすごいですね!威力増しているのに!」

花梨「自称ライバル止められないよねーあれは」

森杉「うっせー!お前らだって止められねーだろ!負けた訳じゃねーし!」



車田「あいつら、もう心配なさそうだぜ」

三国「ああ、雅野のあのキャッチ…迷いはふっきれたみたいだな」

塁「これなら勝てそうだね。皆頑張るんだよ!」

第3試合実況 その4

信助「さぁ!いよいよ後半戦スタート!!ケータ君!ドリブルで上がる!シルバのアドバイスでロングシュートを打つ!しかしこれは外れてしまった!」

洞沢「そしてゴールキックで試合再開。向こうのリューたんがドリブルで突破し、ボールはガルシャアに!そして放たれるザ・モンスターズ!けど復活したみーや!がっちり止めた!」

信助「南沢先輩が跳ね返ったボールを取る!そして!!出た!!天馬も使う王の剣!!アスタリスクロックを真っ二つ!!」

影山「もうさ……王の剣で切れない物無いんじゃない?」

狩屋「いや…それは無いって!!」

洞沢「さーて…そんな中、ネオタナトスは選手交代だね~。それは何と向こうのフェイたんとマントの2人だね~!そして試合再開!向こうのはー先輩!ソウルを発動!そしてソウルストライク!!」

信助「だけど!それを防いだのフェイ!しかも防いだ技はこれまた天馬も使う嵐・竜巻・ハリケーン!!物凄い威力のカウンターシュートがネオテイコクゴールに迫る!しかしDF4人で何とか止まった!」

洞沢「けどすかさず向こうのリューたんがボールを奪い、そしてエヴァース発動!!対するみーやの化身は何とダッキ!いつの間に変わったのかと思ったけどそれはさて置き!至近距離で放たれる化身シュート!しかしみーや!強力シュートをがっちり止めた!」

天馬「いや…もう後半は更に色々凄い…そしてまさか俺の技が2回出るなんて思っても無かった……。」

フェイ「うん。向こうの僕の参戦で点を取るのが更に難しくなったね。」

SARU「けど…それで諦めるような彼らじゃないけどね。」

剣城「迂闊に攻撃出来なくなったこの状況…さて…一体どうするつもりだろうな…。」

No title

向坂「あー、絶対無理かな。うん」

真田「いや、そんなハッキリ言わないでくださいよ!」

南沢「これで守りは心配無いから後は得点だな」

瞬木「うかつに打てないってのは苦しいっスけど」

No title

九坂「キャプテンの技が今そんな流行ってたのか!」

瞬木「違うと思うぜ、ただの偶然」

森村「でも……キャプテンの技はどれも強力だから難しい…」

シルバ「つかフェイがまさか来るなんて!」

雅野「あのガルの時よりも全然強いな…当たり前だけど。カウンターシュートを習得して参戦とは」

九坂「けどそのフェイを突破しなきゃこの戦いは勝てねぇ、なんとかするしかないぜ!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。