スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオテイコクVSクレイジーサンダーV4

雅野「上がれ上がれ前線ー!」

(雅野から九坂へと正確なキック)

九坂「おっし!行くぜぇ!」

天馬「そう来ると思った。」

天馬、剣城、神童「ファランクスS!!

HNI_0100.jpg

HNI_0001.jpg

九坂「!?」(ボールを奪われる)

「松風、剣城、神童のアースイレブン3人による連携プレー!同じアースイレブンの九坂からボールを奪ったー!!」

貫志部「あんなDF技も持っていたのか…!」



「これは、ネオテイコク防戦を強いられている!なかなか攻める事が出来ず瞬木のシュート以来打てません!」

雅野「森村!剣城につけ!天城先輩は御門!中盤は天馬と神童先輩の動きに注意しろ!」

森村「はい…!」

天城「わかったド!」


神童「ち…!」

天馬「ちぇ、やりにくいなぁ…!」

真田「!今だ…目覚めろダンドール!!

2014032415004393d.jpg

逸見「くっ!?」(ボールを奪い取った真田)

「真田ここでソウルを発動させて逸見からボールを奪った!」

真田「よし…!でも、前は守りが硬いよ…!」

南沢「そこから撃て真田!」

真田「え!?」(あ、でもこの位置ならいくら霧野先輩でもブロック間に合わない…)


真田「それぇ!!」(思い切ったソウルを利用して渾身のロングシュート)


南沢「ノーザンインパクトGX!!

HNI_0007.jpg

「南沢のチェインだー!霧野のブロックも流石にまにあわ……」

霧野「行ったぜ……剣城。」



剣城「絶菊一文字!!

NI_0007.jpg

HNI_0002.jpg

HNI_0098.jpg

南沢「剣城!?何時の間に!」

「これは剣城のカウンターシュート炸裂ーーー!!ネオテイコクゴールへ一直線だ!」

神童「極刹那ブースト!!

HNI_0003.jpg

HNI_0080.jpg

「更に神童の刹那ブーストまで加わったーー!!強烈だ!」

森村「うちが止める………ディープミスト∞!!

NI_0010.jpg


「止まったーーー!!なんと森村一人でこのカウンターシュートチェインを止めてしまった!」

真田「凄い森村さん!」

森村「あ、と……止まった…」



天馬「…………舐めすぎたかな、これ。」

新年

SARU「新年おめでとうございまーす♪」

ヴァンプ「今年もよろしく…SARU。何故僕達が挨拶してるんだ?ネオテイコクの役目では?」

SARU「ああいう状況で試合切り上げて挨拶出来る訳ないじゃない

ガルシャア「中断して感想言うとかのアレは散々あったけどよ。

SARU「まあ、とにかくさ。去年はラグナロクがあってそしてあの事件と色々あったなぁ。」

井吹「まだ解決何もしてないぞ。」

天瀬「どころか悪化してるのでは?」

ドレーヌ「でも…ラグナロクはまあまあ楽しめたわ。引き分けたの残念だけど」

井吹「いや、負けたろ。ネオテイコクの1-0で。」

ドレーヌ「なんの話よ?」

井吹「だから1-0で…」

ドレーヌ「なんの話よ?

井吹「認める気ねぇな、この女。」

SARU「総合的には引き分けだったからね、更に得失点差がもし採用されたら僕ら勝ってたし。」

井吹「ま、いずれ決着つけるか。」

SARU「うん、キミ出るのかどうか知らないけど。」

井吹「絶対出るからな!!

ネオテイコクVSクレイジーサンダーV3

「ボールは九坂、そして…南沢へとつないだ!」

龍崎「通しはしない……真空魔Z!

HNI_0069.jpg

南沢「操り人形如きに止められてたまるか、王の剣Z!!

201404211410380e4.jpg

龍崎「ぐわっ!!」

「これを南沢突破したーー!チャンスだ!」

天馬「へえ、南沢先輩…何時の間に俺の技なんて使うようになったんですか。でもそれ……切れ味悪そうですね?」

南沢「だったら試してみるか!?」

天馬「……王の剣、ディフェンスモード!

HNI_0083.jpg

南沢「な!?」(南沢の剣を天馬の剣が受け止めた結果となり)

天馬「だから言ったでしょう…切れ味悪いって!」

「これは、南沢の剣を松風の剣が受け止めたーーー!まさに剣士同士の斬り合いだーー!」

天馬「ほら!」(南沢めがけて剣を振り下ろし)

南沢「ぐっ!」(ギィン、とその剣を剣で受け止め)

キン、キィン、ガキィン(剣による争いが続き、(注:2人ともサッカーをしている))

天馬「………穴みーっけ!!」

(真田と森村の間を南沢の相手をしながら絶妙なスピードキラーパスを通し)

真田、森村「あ!」

雅野「!?(僅かな隙間を…!)

「松風、見事なパスで御門に通ったーー!ネオテイコク、ピンチだ!!」

天馬「やっちゃって、帝国の諸君。………デスゾーン、開始。」(指をパチンと鳴らし)

葱野「!あれって鬼道先輩の……」

御門「これが俺達の最大最強のシュート!!逸見、龍崎!」

御門「、逸見、龍崎「ラスト・デスゾーンGX!!

HNI_0062.jpg

HNI_0073.jpg

HNI_0088.jpg

「出たーーー!帝国の象徴とも言えるシュート、ラスト・デスゾーン!!」

雅野「このシュートに……このシュートにゴールされてたまるか!フルパワースパイク!!

HNI_0090.jpg

HNI_0091.jpg

「止めたぁぁーーーーーー!!御門達のデスゾーンに対して雅野、パワースパイクを更に進化させてのフルパワースパイクで止めた!流石中学№1GK!」

葱野「デスゾーンが来たかと思えば今度はフルパワー……か、歴史はちゃんと受け継がれてるみたいですよ鬼道先輩、源田先輩…」

ネオテイコクVSクレイジーサンダーV2

「それでは、クレイジーサンダーのボールから…キックオフ!」

ピィー

(天馬、神童、マントの中盤による華麗なパスワーク)

九坂「っ!?」

シルバ「は、早ぇ!」

「これは中盤の松風、神童、マントのパス回しでネオテイコク側に攻め込んで行くー!」

雅野「焦るな!動きに釣られるな、FWの動きの方に気をつけろ!特に剣城を徹底マーク!」

(マントから逸見へとパスを出し)

森村「あ…見える…!」(そのパスをインターセプト)

「しかし此処はネオテイコク、そう簡単には通さない!」

シルバ「おう、こっち!」

森村「うん…!」(シルバへとパス)

シルバ「そら!」(一気にダイレクトパスで瞬木へ)

「これは、クレイジーサンダーの華麗なパスに対してネオテイコクは最短ルートの速攻パス!最前線の瞬木へと早くも渡った!」

瞬木「九坂、頼んだぜ!」

九坂「おう!」

瞬木、九坂「ブラックドーンZ!!

2014021212440943b.jpg

神童「………行ったぞ、霧野。」

霧野「任せとけ、ラ・フラムGO!!

HNI_0066.jpg

HNI_0071.jpg

瞬木「!?」

「おっと!霧野、この瞬木のシュートを完全に止めきったーー!」

霧野「軽すぎるぜ!」(そのまま神童へとパス)

南沢「そう来ると思った」(神童の前にそのパスをカット)

神童「南沢先輩……」

南沢「自覚が無いのか、俺の雷門時代から霧野から神童っていう確率…結構高いぜ?」

天馬「へー、良い情報ですね。それは修正させてもらいますよ」(何時の間にかボールは天馬の足元に)

南沢「!?何時の間に……(全然見えなかった…)」

「此処でボールを持った松風!敵陣を突き進む!」

九坂「ぐっ!」

貫志部「うわ!?」(九坂や貫志部を目にも止まらぬ速さやフェイントでかわしていった)

「止まらない松風天馬ー!九坂や貫志部をあっさりと突破だ!」

フェイ「僕が止める!エアーバレット∞!!

HNI_0089.jpg

天馬「…………」(天馬がフェイをギラっと睨むような目で見る

フェイ「!?(びくっ)」(その隙に突破され)

「これはフェイ!松風の迫力に押されたのか!?突破を許した!」

天城「!不味いド!」

雅野「天城先輩落ち着いて!FWの方をマーク!」

天馬「っと…」(此処でボールを止めて、これ以上進めず)

「序盤、クレイジーサンダー攻めるものの雅野の指示の元、そのDF陣を崩すまでには至らず!一方のネオテイコクも霧野の牙城を崩す事が出来ない!」



信助「あーあ、皆気づいてないかなぁ……僕達がまだ全然全く本気出してない事に

ネオテイコクVSクレイジーサンダー (BGM 大敵の弾圧)

向坂「あのー、盛り上がっちゃってる所なんだけどさ?そっち人数足りないよねぇ。」

天馬「ああ、心配いらないですよ?」

シルバ「何言ってんだよ、どっかに誰か隠れてるとか…」



(天馬がパチンと指を鳴らすとそこにスマイル、ストロウ、マントが登場)

フェイ「!?で、デュプリ…………」

天馬「案外簡単に出来るもんだねぇ、フェイ?」

真田「まさか、天馬君がデュプリを使うなんて!?」


ワンダバ「な、なんという事だ……天馬君が敵になっただけでなくまさかデュプリまで使えるようになっているとは…!」

南沢「今の天馬は、あのクレイジーサンダーの時の天馬よりも上と考えた方が良さそうだな」

ワンダバ「よーーーし!こういう厳しい時こそこの大監督………」

葱野「皆!」

真田「あ、葱野さん!」

葱野「黙って勝手な行動をして……あまり無茶をしないでよ!」

九坂「う、うっス……」

森村「ごめんなさい……」

瞬木「まー、とにかく試合なんで監督お願いしますよ」

葱野「うん………!?天馬君達…!?」

南沢「…操られてるみたいです、かつてのクレイジーサンダーの時みたいに…」

葱野「(竜堂が突然死んだ後に再びクレイジーサンダー…?偶然かこれ……?)」

南沢「葱野さん?」

葱野「あ、いや………相手はあの天馬君達だ、今まで以上に気を引き締める必要がある。」


ワンダバ「………結局ワタシの出番は無しか……!!」

向坂「いやー残念だねぇ。(葱野さんありがとうーー)」


「まさかこの2チームが再び出会うとは…しかし出会ってしまった、そして試合するしかない。
ネオテイコクVSクレイジーサンダー!前回途中のアクシデントで中断となりましたが今回はどうなるのか!?
まずはクレイジーサンダーのスタメンから!」

HNI_0058.jpgHNI_0059.jpg

キャプテン 松風天馬 F-ダークナイツ

「これはクロノストームを軸としたメンバー!更に帝国学園の選手達やデュプリ達を加えた混合チーム!
デュプリをも使えるようになったキャプテン松風天馬!更なるパワーアップを遂げたのか!?続いてネオテイコクのスタメンです!」


HNI_0060.jpgHNI_0061.jpg

キャプテン 南沢篤志 F-ファントム

「お馴染みのメンバーに加えフェイ・ルーンも参戦!そして今や中学サッカー界№1GKとの呼び声も高くなってきた
帝国の雅野、この帝国で彼としては負ける訳にはいかない!」

雅野「フェイ……」

フェイ「うん、大丈夫……天馬を戻さないといけない」




5人「ミキシトランス!!

南沢「!?」

九坂「な…」

森村「なに…あれ……」

「おーっと!クロノストームの5人、一斉にミキシトランスだーー!」

瞬木「ネオタナトスとリベンジャーズの戦いでフェイから聞いてはいたけど…マジで姿変わりやがった!」

天馬「さあ…サッカーやろうぜ?」

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。